卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

大阪高校卓球選手権男子学校対抗は上宮が優勝。38大会連続38回目のインターハイ出場

 6月8日、大阪府・金岡公園体育館にて令和6年度大阪高校卓球選手権大会 学校対抗の部 男子2次(決勝リーグ)が行われ、優勝校が決定した。

 

【決勝リーグ】

1位:上宮

2位:大阪桐蔭

3位:金光大阪

4位:浪速

※1位校がインターハイ出場

 

【5~8位順位決定戦】

5位:精華

6位:興国

7位:電通大

8位:八尾

 

 決勝リーグは上宮が3試合とも3-0で勝利して優勝。38大会連続38回目のインターハイ出場を決めた。学校対抗の部 女子2次は6月15日に開催。昨年のインターハイ学校対抗で最長記録を更新する10連覇を達成した四天王寺は、50大会連続63回目の出場に挑む。

38回目のインターハイ出場を決めた上宮(写真提供:大阪高等学校体育連盟卓球専門部)

関連する記事