卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【卓球】WTTコンテンダー・リマ大会、丹羽孝希は初戦勝利

613よりペルー・リマでWTTコンテンダー・リマ大会が開催中だ。男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目が開催され、16日時点で全種目の1回戦が終了している。

日本からは男子5選手、女子3選手が参戦し、男子シングルス1回戦では丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)がアファナドル(プエルトリコ)に3-1で勝利。2回戦ではチフエンテス(アルゼンチン)との対戦となる。予選を通過して決勝トーナメント進出を決めた吉山僚一(愛工大名電高)は格上のピッチフォード(イングランド)3-1で破る金星2回戦ではグルーツ(デンマーク)と対戦する。

今大会男子シングルスにはカルデラノ(ブラジル)、オフチャロフ(ドイツ)などの世界トップ選手も参戦。両選手とも初戦はゲームオールで勝利と苦戦したが、2回戦からギアをあげてくるだろう。男子シングルス決勝は19日(日)。

 

女子シングルスでは日本の3選手とも1回戦を突破し2回戦進出を決めた。女子ダブルスでも5月のWTTフィーダー2大会で優勝している、笹尾明日香/森さくら(日本生命)が1回戦に勝利。3大会連続優勝を目指す。

 

日本選手と主な記録は以下のとおり。

 

男子シングルス〉

予選1回戦

英田理志 86-82 ピスチェイ(スロバキア)

吉山僚一 353 ナランジョ(プエルトリコ)

鈴木颯 4411 ルビノス(ペルー)

2回戦

吉山僚一 -56-1196 英田理志

鈴木颯 67-812 ロレンゾ(アルゼンチン)  

●3回戦

吉山僚一 -51078 馮翊新(シンガポール)

鈴木颯 998 アックズ(フランス) 

決勝トーナメント1回戦

カルデラノ(ブラジル)88-6-64 ロブレス(スペイン)

アポロニア(ポルトガル)-118-8710 森薗政崇 

チウ・ダン(ドイツ)467 鈴木颯 

吉山僚一 9-7910 ピッチフォード(イングランド)

丹羽孝希 86-98 アファナドル(プエルトリコ)

オフチャロフ(ドイツ) -711-61010 モンテイロ(ポルトガル)

●2回戦

吉山僚一 vs. グルーツ(デンマーク) 

丹羽孝希 vs. チフエンテス(アルゼンチン)

女子シングルス〉

決勝トーナメント1回戦

笹尾明日香 638 M.ディアス(プエルトリコ)

長﨑美柚 375 リオス(リオス)

森さくら 489 黃郁雯(チャイニーズタイペイ)

 ●2回戦

笹尾明日香 vs. A.ディアス(プエルトリコ)

長﨑美柚 vs. バラゾバ(スロバキア)

森さくら vs. B.タカハシ(ブラジル)

男子ダブルス〉

予選1回戦

鈴木颯/吉山僚一 キケン アックズ/ベルトラン(フランス)

予選2回戦

ゼリンカ/ピスチェイ(スロバキア) 810-85 鈴木颯/吉山僚一 

女子ダブルス〉

決勝トーナメント1回戦

笹尾明日香/森さくら 9107 クラックセケン/アルティンカヤ(トルコ)

●2回戦

笹尾明日香/森さくら vs. クマハラ/B.タカハシ(ブラジル)

 

〈混合ダブルス〉

※日本選手の出場なし

2回戦進出を決めた丹羽孝希 Photo:WTT

丹羽と練習するオフチャロフ(奥) Photo:WTT

長﨑美柚。2回戦ではバラゾバとの対戦 Photo:WTT

関連する記事