卓球王国 2024年7月22日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

長﨑美柚/木原美悠が女子ダブルスで優勝!シングルスで張本智和・美和、早田ひなが準決勝へ WTTスターコンテンダーリュブリャナ

今日(6月16日)で大会最終日を迎えるWTTスターコンテンダーリュブリャナ。昨日、男女シングルス3回戦・準々決勝および男女ダブルスの決勝が行われ、女子ダブルスで長﨑美柚/木原美悠(木下グループ)が優勝を果たした。

長﨑/木原は、決勝で田志希/朱芊曦(韓国)と対戦。1ゲーム目を落とす苦しい立ち上がりとなったが、ゲームを重ねるごとにラリー戦で抜群のコンビネーションを発揮。相手の動きを読みながら厳しいコースを突いて得点を重ね、3ゲーム連取で一気に勝利を決めた。

体勢を崩しながらも厳しいコースへボールを打ち込んだ長﨑(左)/木原

男子シングルスでは、松島輝空(木下グループ)、張本智和(智和企画)が登場。松島は、3回戦でチウ・ダン(ドイツ)とのフルゲームにもつれる接戦に勝利。チウ・ダンのバックへの連続攻撃に手を焼いたが、威力あふれるチキータレシーブからの豪快なフォアドライブで得点を重ねた。準々決勝では趙大成(韓国)に敗れ、ベスト8で今大会を終えたが、初戦のロブレス(スペイン)戦から三度のフルゲームを制すなど、メンタル面での成長をうかがわせる大会となった。

ベスト8で終戦の松島。収穫の大きい大会となった

一方張本智は、3回戦でO.アサール(エジプト)、準々決勝ではオフチャロフ(ドイツ)にそれぞれストレートで完勝。オフチャロフ戦は各ゲームとも競り合いとなるも、勝負どころをことごとく制し、準決勝進出を決めた。

日本のエースとしての意地を見せた張本智。4強入りを決める

女子シングルスでは、早田ひな(日本生命)、張本美和、平野美宇、木原美悠、長﨑美柚(以上、木下グループ)、伊藤美誠(スターツ)の6選手が登場。

早田は準決勝でリリー・チャン(アメリカ)に勝利。準々決勝ではユエン・ジアナン(フランス)にゲームカウント0−2から大逆転勝利を収め、4強入り。張本美は3回戦・準々決勝でそれぞれ朱芊曦(韓国)、A.ディアス(プエルトリコ)に勝利し、兄・智和と兄妹そろっての準決勝進出を果たした。

早田はユエン・ジアナンに大逆転勝利

充実したプレーで勝ち残った張本美

一方、平野は3回戦でカット型のベリストロム(スウェーデン)に快勝するも、準々決勝では伊藤に勝利して勝ち上がったパヴァデ(フランス)にストレートで敗戦。木原は3回戦で田志希(韓国)とのフルゲームにもつれる接戦を制すも、準々決勝で長﨑を退けた申裕斌(韓国)にゲームカウント2−3で惜敗となった。

日本選手2連破と、存在感示したパヴァデ。バックスイングが小さく、長さのわかりにくいサービスを武器に、試合を優位に展開した

なお、本日行われる日本選手の対戦は下記のとおり

●男女シングルス準決勝

20:00〜 早田ひな  vs.  張本美和

20:40〜 張本智和  vs.  F.ルブラン(フランス)

●混合ダブルス決勝

23:00〜 張本智和/早田ひな  vs. 林鐘勲/申裕斌(韓国)

写真提供:WTT

 

関連する記事