卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
欧州リポート

【卓球】ヨーロッパTOP16はヨルジッチとハン・インが初優勝

 22627日にスイス・モントルーにてヨーロッパTOP16が開催され、男子はヨルジッチ(スロベニア)、女子はハン・イン(ドイツ)が優勝を果たした。試合の結果は下記のとおり。(写真提供:ETTU)

 

【男子シングルス】

◀ 1回戦 ▶

ボル(ドイツ) 7、4、6、4 ムレ(スイス)

ワン・ヤン(スロバキア) ー10、10、7、6、ー11、7 ガチーナ(クロアチア)

K.カールソン(スウェーデン) 7、7、5、9 スカチコフ(ロシア)

モーレゴード(スウェーデン) ー10、7、7、10、6 ルベッソン(フランス)

ヨルジッチ(スロベニア) 5、5、7、2 グルーツ(デンマーク)

Da.ハベソーン(オーストリア) 2、5、9、8 ゴーズィ(フランス)

ギオニス(ギリシャ) 4、ー9、11、11、ー8、7 ガルドス(オーストリア)

フランチスカ(ドイツ) 11、9、4、6 プツァル(クロアチア)

◀ 準々決勝 ▶

ボル 6、8、ー9、6、10 ワン・ヤン

モーレゴード 11、ー8、4、9、ー9、ー8、8 K.カールソン

ヨルジッチ 8、9、6、ー6、ー7、11 Da.ハベソーン

フランチスカ 6、ー11、7、7、9 ギオニス

◀ 準決勝 ▶

モーレゴード 7、8、12、ー7、6 ボル

ヨルジッチ 11、9、ー11、6、9 フランチスカ

◀ 決勝 ▶

ヨルジッチ ー8、ー5、9、ー10、1、10、10 モーレゴード

 

 男子シングルスではヨルジッチが初優勝。準決勝では前回王者のフランチスカを破り、決勝ではモーレゴードにゲームを先行されながらも追いつき、フルゲームジュースで勝利。逆転で優勝をつかんだ。ヨルジッチは2020年大会で決勝に進むもボルに敗れて準優勝。2度目の決勝進出で王座に立った。

ヨルジッチ、大接戦を制しての初優勝

 モーレゴードはファルク(スウェーデン)が欠場となり、代役での出場となったが世界選手権2位の実力を発揮。準決勝では世界選手権に続いてボルに勝利して決勝に進んだが、優勝にあと一歩届かず悔しさをにじませた。

モーレゴードはゲームをリードしたが、惜しくも初優勝はならず

 

【女子シングルス】

◀ 1回戦 ▶

ポルカノバ(オーストリア) ー4、5、7、9、9 ポータ(ハンガリー)

倪夏蓮(ルクセンブルク) 3、7、16、9 ノスコワ(ロシア)

ミハイロワ(ロシア) ー3、6、8、10、3 マテロバ(チェコ)

ミッテルハム(ドイツ) ー8、5、7、7、8 モレ(スイス)

スッチ(ルーマニア) ー9、10、6、ー12、7、9 シャオ・ジエニ(ポルトガル)

エーラント(オランダ) ー4、8、10、4、8 マダラシュ(ハンガリー)

サマラ(ルーマニア) ー11、10、9、8、5 ユ・フ(ポルトガル)

ハン・イン(ドイツ) 2、ー7、8、ー8、8、8 バラゾバ(スロバキア)

◀ 準々決勝 ▶

ポルカノバ 11、2、12、ー10、ー1、ー5、7 倪夏蓮

ミハイロワ  7、ー9、ー4、8、7、8 ミッテルハム

スッチ ー9、ー6、8、8、8、10 エーラント

ハン・イン ー9、9、ー10、10、ー9、4、8 サマラ

◀ 準決勝 ▶

ミハイロワ ー9、9、ー11、7、7、4 ポルカノバ

ハン・イン 5、5、2、6 スッチ

◀ 決勝 ▶

ハン・イン 8、12、11、7 ミハイロワ

 

 女子シングルスは決勝でカットマン対決に勝利したハン・インが初のTOP16制覇。38歳10カ月でのTOP16 優勝はリー・ジャオ(オランダ)の38歳1カ月の記録を抜いて最年長優勝記録となった。

カットマン対決にストレートで勝利したハン・イン。最年長優勝記録更新となった

 ミハイロワは8度目のTOP16に出場も、これまでは9位が最高成績。準決勝では今大会トップシードのポルカノバに勝利した。

初のベスト8進出から決勝に駆け上がったミハイロワ

関連する記事