卓球王国 2021年2月20日 発売 vol.287
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

元世界混合複メダリスト、西飯徳康さん、逝去

三重県出身の世界選手権メダリスト、西飯徳康さんが2月8日に亡くなった。76歳だった。

14歳から卓球を始めた西飯さんは中学、高校時代には目立った実績はなく、大学時代に力をつけ、日本のトップへと駆け上がった。名古屋商科大時代に取り組んだ愛知工業大の長谷川信彦さん(故人・元世界チャンピオン)との夜を徹しての猛練習は有名なエピソードだ。1971年世界選手権名古屋大会では混合ダブルスで3位に入っている。

50歳近くまでの長きに渡り、全日本選手権に出場し、「三重の鉄人」とも呼ばれた。指導者として全日本コーチを務め、娘の美幸さん、由香さんを育て、姉妹は世界選手権の代表にもなっている。また愛知工業大学の監督も務めた。

ご冥福をお祈りします。

 

2015年全国ラージボール大会に娘の由香さんと混合ダブルスで出場した西飯徳康さん

 

いつも明るい笑顔「ニシイ・スマイル」を見せていた西飯さん

 

1971年世界選手権名古屋大会での西飯・福野組。混合ダブルスで3位に入賞した