卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【卓球】WTTユースコンテンダー・ベルリン大会/松島輝空が完全優勝

5月16日からドイツ・ベルリンで開催中のWTTユースコンテンダー・ベルリン大会。男子の4種目が終了し、U17男子シングルスで松島輝空(木下アカデミー)が、U15男子シングルスで吉山和希(愛工大名電中)がそれぞれタイトルを獲得した。

 

U17男子シングルスで松島は1ゲームも落とさずに決勝に進出。吉山との同士討ちとなった決勝でも3-0のストレートで勝利し、完全試合でU17のタイトルをつかんだ。松島はU19男子シングルスにも出場。決勝まで順調に勝ち進むも、U17で勝利していたオ・ジュンサン(韓国)に0-3で破れU19は準優勝に終わった。

 

U17で準優勝の吉山はU15でも順調に決勝に進出。決勝でも3回戦で川上流星(星槎中)を下したモラベック(チェコ)をストレートで破り優勝を決めた。

 

また、U13では川上が決勝で敗れるも準優勝と結果を残した。

 

決勝トーナメントの日本選手の記録は以下のとおり。

 

★ WTTユースコンテンダー・ベルリン大会記録

〈U19男子シングルス〉

●決勝トーナメント1回戦

松島輝空 1、7、11 ベルソサ(スペイン)

●2回戦

松島輝空 3、7、5 クエトン(チェコ)

●3回戦

松島輝空 7、9、-9、10 ベルテルスマイアー(ドイツ)

●準々決勝

松島輝空 9、12、-8、10 イスラエリ(イスラエル)

●準決勝

松島輝空 7、9、-6、7 リ・ヤンジュン(チャイニーズタイペイ)

●決勝

オ・ジュンサン(韓国) 7、8、8 松島輝空

U19男子シングルス表彰(左は2位の松島)(Photo:WTT)

 

〈U17男子シングルス〉

●決勝トーナメント1回戦

松島輝空 4、5、6 ハスペル(ドイツ)

吉山和希 5、7、7 チェン・ユウェイ(ハンガリー)

●2回戦

松島輝空 7、10、7 アルモア(イスラエル)

吉山和希 -8、-9、9、4、7 ヴェリチェコワ(ブルガリア)

●3回戦

松島輝空 9、6、9 リ・ヒョユン(韓国)

吉山和希 8、14、8 チョイ・ジウォック(韓国)

●準々決勝

松島輝空 7、8、7 クルマンガリエフ(カザフスタン)

吉山和希 5、-9、5、3 ベルテルスマイアー(ドイツ)

●準決勝

松島輝空 6、6、6 オ・ジュンサン(韓国)

吉山和希 -2、-5、5、9、9 ザレウスキー(ポーランド)

●決勝

松島輝空 8、5、10 吉山和希

U17男子シングルス表彰(優勝の松島(右)と2位の吉山)(Photo:WTT)

 

〈U15男子シングルス〉

●決勝トーナメント1回戦

吉山和希 3、-3、9、8 ダルストローム(スウェーデン)

●2回戦

川上流星 2、7、10 リ・スンソ(韓国)

吉山和希 6、7、11 トルンパウスカス(イングランド)

渡部民人 -10、8、-7、5、6 カイノア・ラム(ノルウェー)

●3回戦

モラベック(チェコ)7、-1、-5、8、7 川上流星

吉山和希 6、3、13 フォルメラ(ポーランド)

ノワロ(フランス)-9、-12、8、5、7 渡部民人

●準々決勝

吉山和希 2、6、5 カブレラ(ドミニカ共和国)

●準決勝

吉山和希 -7、9、8、10 クォン・ヒョク(韓国)

●決勝

吉山和希 7、5、7 モラベック

 

U15男子シングルス表彰(右は優勝の吉山)(Photo:WTT)

〈U13男子シングルス〉

●決勝トーナメント2回戦

川上流星 9、9、5 カヴァイエ(フランス)

●準々決勝

川上流星 3、8、8 ズィウォロネク(ポーランド)

●準決勝

川上流星 -10、5、6、6 ミフナ(ポーランド)

●決勝

リ・スンソ(韓国) -10、3、-4、7、6 川上流星

U13男子シングルス表彰(左は2位の川上)(Photo:WTT)

関連する記事