卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
Tリーグ

女子も熱いぞ、Tリーグ。開幕戦は女王と新人の意地が激突!

●2021-2022Tリーグ女子開幕戦 9.10
〈日本生命レッドエルフ 3−1 九州アスティーダ〉
○森さくら/長崎美柚 5、−8、11 佐藤瞳/橋本帆乃香
○早田ひな 9、−6、4、9 横井咲桜
○笹尾明日香 10、10、−9、9 出澤杏佳
長崎美柚 −10、−7、−6 橋本帆乃香○

 

昨日の3時間に迫る男子開幕戦、木下マイスター東京と琉球アスティーダの大激戦に続き、女子開幕戦もスコアが示す以上に「濃い」戦いだった。Tリーグ女子4連覇を目指す日本生命レッドエルフが、今季から女子に参戦した九州アスティーダを3−1で下し、好スタートを切った。

日本生命の村上恭和監督が勝因に挙げたのは、1番ダブルスと3番笹尾のシングルスだ。1番ダブルスは選手の故障により、予定したペアリングを急遽組み換え、直前で森と長崎のペアにスイッチしたという。しかも相手は19年世界選手権女子ダブルス3位の佐藤/橋本ペア。このペアが今季からTリーグで見られるのはうれしい。

しかし、佐藤/橋本ペアは「緊張して手が震えたり、サービスが思うように出せなかった」と橋本が語るように、初のTリーグの舞台ではやはり緊張が隠せなかった。森の強打と長崎の広角なコース取りに苦しんだ。3ゲーム目に11−10で一度はマッチポイントを取ったものの、最後は森/長崎が13−11で押し切った。

森/長崎(手前)が勝負の分かれ目となるダブルスを制した

惜敗したものの、気合いあふれるプレーを見せた佐藤(左)/橋本。今後は各チームの脅威となるだろう

2番早田と横井の対戦も見応え十分。全日本ベスト8、インターハイ3冠王の新鋭・横井のバックドライブからの連続攻撃は迫力があったが、横井と初対戦の早田は台から少しでも出るサービスは見逃さずにレシーブから攻め、プレッシャーをかける。東京五輪後に練習に取り組んだというYGサービスでも、2本のサービスエースを取り、横井の挑戦を退けた。

「初めて対戦する相手や、久々に対戦する選手だと相手は『負けて当たり前』という気持ちでいろいろな技術や戦術を使ってくる。その中で私は今日、エースとして試合に出させてもらって、絶対に負けられない緊張感の中でいかに点が取れるか、相手の嫌がるコースを攻められるか。昨年の開幕戦(木下アビエル神奈川戦)で、木村(香純)さんに敗れた敗戦を生かせたと思います」(早田)

相手のあまいサービスは見逃さない。早田はレシーブからプレッシャーをかけた

早田には敗れたが、横井はチームのポイントゲッターとなるポテンシャルを秘める

そして3番では、日本生命からのデビュー戦となる笹尾が、「今まで勝ったことがない」という出澤を破る殊勲の星で、チームの勝利を決めた。どのゲームも出足でリードを許しながら、フォアに振られたボールもよく動いて返球し、守備力の高い異質攻守型・出澤を上回るほどの粘り強いプレー。勝利への決意を感じさせるプレーだった。

1本たりとも気を抜かない高い集中力が光った笹尾(奥)、勝利の瞬間

勝敗は決したとはいえ、九州アスティーダも4番で橋本が長崎を破り、一矢報いた。世界代表選考合宿でゲームオールジュースの激戦を演じたばかりのふたり。「ギリギリ勝ってまたすぐ当たるので、不安もあった」という橋本だが、軽打をコースに打ち分けて相手を追い詰めていく長崎のカット打ちに、低く鋭いカットと積極的な両ハンド攻撃で対抗。3ゲーム目は要所でフォアの鋭い攻撃を仕掛け、ストレートで長崎を下した。

橋本帆乃香、Tリーグのシングルスデビュー戦で華麗に舞う

九州アスティーダの新規参入で、5チームに増えた今季のTリーグ女子。早田は試合後、「世界で活躍した橋本選手や佐藤選手、インターハイ3冠の横井選手と試合ができるのはうれしい。5チームが切磋琢磨して勝ちにいくことで、日本のレベルはもっと上がっていく」と歓迎のコメントを残した。実績十分な選手が揃う九州アスティーダ。近年、多くの災害に見舞われている九州を勇気づけるためにも、まずはリーグ初勝利の吉報を届けたい。

開幕のセレモニーで、九州アスティーダのフラッグが力強く振られた

Tリーグは明日も大田区立総合体育館を舞台に、11時から男子の岡山リベッツ対T.T彩たま、16時から女子の日本ペイントマレッツ対木下アビエル神奈川の2試合が行われる。今季は有観客で開幕したTリーグ、迷っている方もまず1試合、決して見て損はさせません。

勝利後、ステージから観客席の応援団に挨拶をする日本生命レッドエルフのメンバー