卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
Tリーグ

Tリーグ男子2戦目もビクトリーマッチへ。岡山が初戦白星スタート

●2021-2022Tリーグ男子開幕戦 9.11
〈岡山リベッツ 3−2 T.T彩たま〉
○森薗政崇/町飛鳥 9、−8、9 上田仁/曽根翔
龍崎東寅 −6、−3、10、9 丹羽孝希○
○森薗政崇 8、7、7 英田理志
吉村和弘 10、−10、−6、−8 松平健太○

○吉村和弘 6 上田仁

 

 9月9日に琉球アスティーダと木下マイスター東京の対決で幕を開けたTリーグ4シーズン。男子の2戦目は岡山リベッツ対彩たま。昨シーズンの成績は6勝1敗で岡山が大きく勝ち越している

 昨シーズンまで岡山に在籍していた丹羽孝希と上田仁が彩たまに移籍。岡山には吉村和弘が復帰し、全日本ランカーの龍崎も加入。4シーズン目はどのような展開になるのか。楽しみな一戦が始まる。

 第1マッチのダブルスに登場したのは、岡山はエースダブルスの森薗政崇/町飛鳥。対する彩たまは上田仁/曽根翔と初ペアを抜擢した。

 出だしは上田と曽根が一撃のチキータで得点を重ねて彩たまペアがリードするが、中盤から岡山ペアがチキータに対応できるようになると7-9から4連続ポイントで逆転勝ち。

 2ゲーム目も1ゲーム目と似た展開になり、彩たまペアが取り返したが、6オールからの最終ゲームで岡山ペアが競り勝ち、岡山が先取点をあげる。

町(右)のアシストも光った岡山のダブルス

 

 第2マッチは龍崎と丹羽。試合前の整列後にマイクは向けられた丹羽は「ぼくが東京五輪日本代表選手として今シーズンのTリーグに最初に登場する選手になります。メダリストの強さを見せつけられるような試合をします」と力強く語った。

 その丹羽は、緩急をつけたバックハンドで龍崎のリズムを崩してリードを奪うと、龍崎のドライブを待ち構えてしびれるようなカウンタードライブを放ち、3ー1で勝利。五輪後に休養し「練習再開は9月に入ってから」という丹羽だったが、移籍初試合で白星スタートとなった。

メダリストの強さを見せた丹羽

果敢に攻めた龍崎

 

 第3マッチは森薗と、昨シーズンにTリーグに初参戦して格上選手を連破してブレイクを巻き起こした英田。英田と数回対戦し、対策十分の森薗がストレートで勝った。

2得点をあげた森薗

英田はレシーブなどミスの多さが目立った

 

 あとがなくなった彩たまは、松平健太が奮闘し、吉村和弘を撃破。勝負の行方はビクトリーマッチに託された。

気迫のプレーで松平がビクトリーマッチにつなぐ

 ビクトリーマッチに登場したのは、吉村と上田。彩たまは丹羽か松平のどちらかが出てくると予想していたので意表をつかれたオーダーだったが、中盤から吉村が一気に離して上田を下し、岡山が初戦を制した。

 単複で2得点と活躍した森薗は、「唯一の勝ち筋であるダブルス、シングルス、ビクトリーで和弘(吉村)と薄いところを引けました!」とヒーローインタビューで笑顔を見せた。

ビクトリー男、健在。吉村は締めた

久しぶりのビクトリーマッチで敗れた上田。次戦に期待したい