卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
Tリーグ

T.T彩たまが今シーズン初の勝点4を獲得。2/10〜12のTリーグの試合結果

2月10〜12日に開催された『ノジマTリーグ2023-2024シーズン』。

2月の試合を終えて、男子は木下マイスター東京、琉球アスティーダ、女子は木下アビエル神奈川、日本生命レッドエルフ、日本ペイントマレッツがプレーオフ進出を決めている。

静岡ジェードは2月12日の金沢戦を持って今シーズンの全試合が終了。金沢との一戦はビクトリーマッチの末に惜しくも敗れたが、勝点1を獲得。これで静岡は単独3位となり、4位の岡山が残り2戦で勝点を獲得できなければプレーオフ進出が決まる。また、T.T彩たまは2月12日の岡山戦で今シーズン初の勝点4を獲得。曽根翔が単複で2点を奪うと、木造勇人がハオ シュアイにフルゲームで、英田理志がヤン アンにストレートで勝利を収めた。

また、女子では京都がトップ名古屋に3−1で勝利し、今シーズン3勝目。1番のダブルスは敗れたものの、出雲美空、成本綾海、木村光歩の3人がフルゲームの接戦をものにしてチームに勝利をもたらした。

森薗(左)/龍崎は11勝目をあげた。また、森薗はシングルスでも11勝をあげる活躍を見せた(写真は1月13日の琉球戦)

今シーズン苦しい試合が続いてきた木造りだが、12日の岡山戦ではハオ シュアイに競り勝った(写真は23年10月29日のKM東京戦)

成本はトップ名古屋戦で安藤との異質型対決を制した(写真は23年8月30日の日本生命戦)

 

2月10〜12日の試合結果は以下のとおり

 

【男子】

2月10日〈琉球アスティーダ 3−1 静岡ジェード〉
会場:那覇市民体育館/入場者数:510人

○徐晨皓/周雨 -9、5、7 龍崎東寅/森薗政崇
○吉村真晴 5、-5、7、7 坂井雄飛
○徐晨皓 5、10、2 横谷晟
濵田一輝 4、7、-6、-7、-11 森薗政崇○

 

2月11日〈琉球アスティーダ 3−2 木下マイスター東京〉
会場:那覇市民体育館/入場者数:621人

○徐晨皓/周雨 6、8 松島輝空/及川瑞基
○徐晨皓 5、-10、8、-9、8 大島祐哉
吉村真晴 -10、6、-10、9、-9 篠塚大登○
有延大夢 7、-9、4、-9、-6 松島輝空○
○周雨 6 篠塚大登

 

 

2月12日〈金沢ポート 3−2 静岡ジェード〉
会場:奥州市総合体育館/入場者数:1,162人

程靖淇/廖振珽 6、-5、-9 龍崎東寅/森薗政崇○
○程靖淇 9、5、5 横谷晟
○五十嵐史弥 -10、7、-2、9、7 森薗政崇
松平健太 -8、-7、10、-4 松下大星○
○松平健太 8 松下大星

 

2月12日〈T.T彩たま 4−0 岡山リベッツ〉
会場:奥州市総合体育館/入場者数:1268人

○小林広夢/曽根翔 10、8 郝帥/田添響
○木造勇人 10、-6、4、-5、7 郝帥
○曽根翔 5、-8、10、9 丹羽孝希
○英田理志 7、6、6 閻安

 

 

【女子】

2月10日〈トップおとめピンポンズ名古屋 1-3 九州アスティーダ〉
会場:パロマ瑞穂アリーナ/入場者数:210人

○木村香純/南波侑里香 10、-9、7 栗山優菜/野村萌
安藤みなみ 5、10、-3、-9、-8 出澤杏佳○
袁雪嬌 5、-9、-9、10 田口瑛美子○
木村香純 7、-7、-9、-7 野村萌○

 

2月11日〈トップおとめピンポンズ名古屋 0-4 日本ペイントマレッツ〉
会場:パロマ瑞穂アリーナ/入場者数:368人

木村香純/南波侑里香 -8、-9 青木咲智/大藤沙月○
袁雪嬌 -7、-10、-10 佐藤瞳○
南波侑里香 7、-3、-4、-2 大藤沙月○
安藤みなみ 3、-6、-10、6、-9 橋本帆乃香○

 

2月12日〈トップおとめピンポンズ名古屋 1-3 京都カグヤライズ〉
会場:パロマ瑞穂アリーナ/入場者数:199人

○馬菀含/南波侑里香 5、10 枝廣愛/工藤夢
小塩遥菜 6、-5、-4、9、-8 出雲美空○
安藤みなみ -6、8、9、-9、-10 成本綾海○
木村香純 -5、8、-6、9、-8 木村光歩○

 

 

 


チーム順位

【男子】
1:木下マイスター東京 勝点49(チームマッチ数19 14勝5敗)
2:琉球アスティーダ 勝点47(チームマッチ数19 15勝4敗)
3:静岡ジェード 勝点30(チームマッチ数20 8勝12敗)
4:岡山リベッツ 勝点29(チームマッチ数18 8勝10敗)
5:金沢ポート 勝点22(チームマッチ数17 6勝11敗)
6:T.T彩たま 勝点21(チームマッチ数19 5勝14敗)

 

【女子】
1:木下アビエル神奈川 勝点52(チームマッチ数18 15勝3敗)
2:日本生命レッドエルフ 勝点45(チームマッチ数18 14勝4敗)
3:日本ペイントマレッツ 勝点41(チームマッチ数18 12勝6敗)
4:トップおとめピンポンズ名古屋 勝点25(チームマッチ数18 7勝11敗)
5:京都カグヤライズ 勝点14(チームマッチ数18 3勝15敗)
6:九州アスティーダ 勝点12(チームマッチ数18 3勝15敗)

 

 


 

Tリーグ公式ホームページ

関連する記事