卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

世界卓球代表選考会、男子の宇田・森薗・戸上、女子の早田・芝田が代表権獲得

8月30日〜9月2日に新潟・新発田市カルチャーセンターで「2021世界卓球選手権ヒューストン大会(個人戦)男女日本代表選手選考合宿」が開催され、男子は宇田幸矢(明治大)、森薗政崇(BOBSON)、戸上隼輔(明治大)、女子は早田ひな(日本生命)、芝田沙季(ミキハウス)がシングルスの代表権を獲得した。

4日間に渡り開催された世界選手権選考合宿。男女それぞれ24名がエントリーし、初日と2日目は、上位2名が進出できる決勝リーグを目指し、4つのリーグに分かれて対戦。3日目からは8名で決勝リーグが行われ、上位2名がシングルスの代表権を獲得した。また、8位までに入った選手には、2022年に開催予定の第1回「Road to Paris」選考会の出場権が与えられる。

2021年世界選手権の日本のシングルス出場枠は男女各5名。東京五輪の代表選手にはシングルスの出場権が与えられるが、水谷隼(木下グループ)が出場を辞退したことで、今回の選考会では男子上位3名、女子上位2名が代表権を獲得した。

選考合宿の結果は以下のとおり。

【男子】

●予選リーグ

A:①宇田幸矢(明治大学)②木造勇人(愛知工業大学)③龍崎東寅(三井住友海上火災保険株式会社)④吉田雅己(木下グループ)⑤岡野俊介(愛工大名電高校)⑥英田理志(愛媛県競対)

B:①森薗政崇(BOBSON)②戸上隼輔(明治大学)③曽根翔(愛知工業大学)④鈴木颯(愛工大名電高校)⑤松島輝空(星槎中学校)⑥吉村真晴(愛知ダイハツ/キケン)

C:①篠塚大登(愛工大名電高校)②平野友樹(協和キリン)③有延大夢(琉球アスティーダ)④吉村和弘(岡山リベッツ)⑤濵田一輝(愛工大名電高校)⑥高橋航太郎(実践学園高校)

D:①及川瑞基(木下グループ)②田中佑汰(愛知工業大学)③神巧也(T.T彩たま)④村松雄斗(東京アート)⑤吉山僚一(愛工大名電高校)⑥川上流星(新発田ジュニア)

●決勝リーグ

①宇田幸矢(6勝1敗)②森薗政崇(5勝2敗)③戸上隼輔(4勝3敗)④木造勇人(4勝3敗)⑤及川瑞基(4勝3敗)⑥篠塚大登(2勝5敗)⑦田中佑汰(2勝5敗)⑧平野友樹(1勝5敗)

 

【女子】

●予選リーグ

A:①早田ひな(日本生命)②佐藤瞳(ミキハウス)③原芽衣(四天王寺高校)④張本美和(木下アカデミー)⑤森田彩音(デンソー)⑥香取悠珠子(卓桜会)

B:①安藤みなみ(TOP名古屋)②橋本帆乃香(ミキハウス)③小塩遥菜(JOCエリートアカデミー/星槎)④横井咲桜(四天王寺高校)⑤森さくら(日本生命)⑥赤江夏星(香ヶ丘香ケ丘リベルテ高校)

C:①大藤沙月(四天王寺高校)②長﨑美柚(日本生命)③木村香純(専修大学)④菅澤柚花里(四天王寺高校)⑤松岡優香(東京富士大学)⑥加藤美優(日本ペイントマレッツ/キケン)

D:①芝田沙季(ミキハウス)②木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)③出澤杏佳(専修大学)④笹尾明日香(早稲田大学)⑤面田采巳(四天王寺高校)⑥南波侑里香(日本ペイントマレッツ)

●決勝リーグ

①早田ひな(6勝1敗)②芝田沙季(5勝2敗)③橋本帆乃香(5勝2敗)④木原美悠(3勝4敗)⑤長﨑美柚(3勝4敗)⑥安藤みなみ(3勝4敗)⑦佐藤瞳(2勝5敗)⑧大藤沙月(1勝6敗)

 

1位通過で代表権を獲得した宇田幸矢

決勝リーグ2敗で2位通過を決めた森薗政崇

決勝リーグで3位となり、初の世界選手権への切符を獲得した戸上隼輔

決勝リーグ1敗で予選1位通過を決めた早田ひな

2位で初の代表権を獲得した芝田沙季