卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

日本ペイントが木下アビエルに快勝し、勝ち点4。木下は早急な選手獲得が必要か

●2021-2022Tリーグ女子開幕戦 9.11
〈日本ペイントマレッツ 3−1 木下マイスター東京〉
○芝田沙季/大藤沙月 3、10 張本美和/牧野美玲
馮天薇 −4、−4、5、8、9 木原美悠
○芝田沙季 7、−8、9、6 張本美和
○南波侑里香 8、−10、10、5 浜本由惟

 

 16時から行われたTリーグ女子開幕戦の2戦目は、木下アビエル神奈川と日本ペイントマレッツの顔合わせ。木下アビエルは開幕の直前に2人の中学生がチームにエントリーされるなど、今シーズンの選手獲得が難航している模様。

 対する日本ペイントは馮天薇(シンガポール)がTリーグに出場するために東京五輪を終えても帰国せずに日本に留まって日本ペイントに合流していたため、この試合に出てきている。

 第1マッチのダブルス、木下アビエルは張本美和と牧野美玲の中学1年生コンビが登場。牧野はこの日、新幹線で会場に向かっている時に出場を聞いたという。日本ペイントは芝田沙季と大藤五月のペア。今シーズンからTリーグに参戦し、初戦から出場してきた。

 試合は日本ペイントペアが力の差を見せてストレート勝ち。木下アビエルのペアは2ゲーム目に10-6でリードしたが決めきることができなかった。

張本(右)と牧野のダブルス

 

第2マッチは、木原美悠と馮天薇。木原は得意のアップダウンサービスから回転量のある表ソフトバンクドライブで馮天薇を攻めて2ゲームを取ったが、馮天薇は我慢のプレーを続けてチャンスを試みる。木原のプレーに慣れた馮天薇は、3ゲーム目以降はバックドライブで木原のフォア側をついて台から下げることに成功し、3ゲームを連取して試合をひっくり返した。

東京五輪後も日本に残ってTリーグに参戦した馮天薇。ベテランらしいプレーで木原を下す

木原は勝利ペースで試合を進めていたが、わずかなほころびから逆転された

 

第3マッチは、張本が世界選手権選考会で日本代表の座をつかんだ芝田に1ゲームを奪うも、自力にまさる芝田が威力のあるフォアドライブで勝ち、チームも勝利を決めた。

今シーズンは出番が多くなりそうな張本

芝田は日本ペイントにとって頼もしい選手だ

 

第4マッチは、実業団チームから日本ペイントに移籍してきた南波侑里香が浜本由惟を3-1で下した。南波は変化のわかりづらいフォアの巻き込みサービスと、ボールを高く上げるハイトスのサービスで浜本のレシーブを崩し、競り合いをものにした。

南波は初出場で初勝利をあげた

浜本はストレートへのバックドライブでチャンスをつくった

 

この勝利で日本ペイントは勝ち点4を獲得。最高のスタートを切った。

一方の木下アビエルは、一時も早く選手獲得を決めなければ長いシーズンを戦い抜くことは厳しいだろう。

「チーム事情で選手の起用が難しく、試合開始の時点ではこれがベストなオーダー」と渡辺隆司監督代行は試合後に話したが、本来ならばチームにエントリーしている木村香純を起用したかっただろうが、不運にもこの日は全日本選手権の予選と重なったため、そちらに出場した木村の開幕戦出場は叶わなかった。