卓球王国 2021年9月21日 発売 vol.294
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTスター・ドーハ大会、女子単で早田ひな、安藤みなみが準々決勝進出

9月20〜25日までカタール・ドーハで開催中のWTTスターコンテンダー・ドーハ大会。大会4日目までが終了し、女子シングルスで早田ひなと安藤みなみが準々決勝に進出を決めた。

早田はミスチェク(オーストリア)、チェ・ヒョジュ(韓国)とストレートで勝利し準々決勝に進出。安藤は2回戦で佐藤ひとみを下した申裕斌(韓国)にゲームカウント0-2から逆転しベスト8入りを決めた。続く準々決勝では、早田と安藤の同士討ちの対戦となる。

 

男子シングルスでは吉村和弘と戸上隼輔が1回戦に勝利も、2回戦で吉村は李尚洙(韓国)、戸上はK. カールソン(スウェーデン)と格上相手に1ゲームも奪えず敗退となった。東京五輪男子シングルス銅メダルのオフチャロフ(ドイツ)も初戦の2回戦で趙勝敏(韓国)に1-3で敗れ姿を消した。

また、混合ダブルスでは、戸上隼輔/早田ひなが準々決勝で何鈞傑/李皓晴(香港)を3-1で破り準決勝進出を決めている。

 

日本選手の決勝トーナメントの結果と次の対戦は以下のとおり。

 

★男子シングルス

●決勝トーナメント1回戦

吉村和弘 7、-9、5、-11、3 ディアウ(セネガル)

アポロニア(ポルトガル) -11、6、6、6 宇田幸矢

戸上隼輔 8、4、6 チウ・ダン(ドイツ)

●2回戦

李尚洙(韓国) 8、12、7 吉村和弘

K. カールソン(スウェーデン) 12、11、9 戸上隼輔

 

★女子シングルス

●決勝トーナメント1回戦

安藤みなみ 8、7、3 ジョウ・ジンイ(シンガポール)

長﨑美柚 5、5、8 李ジオン(韓国)

●2回戦

芝田沙季 -8、6、9、7 ジャン・ゼン(シンガポール)

申裕斌(韓国) 7、-4、9、-9、9 佐藤瞳

安藤みなみ 9、5、9 バラゾバ(スロバキア)

早田ひな 8、2、5 ミスチェク(オーストリア)

長﨑美柚 9、2、2 陳思羽(チャイニーズタイペイ)

●3回戦

田志希(韓国) 7、-6、9、8 芝田沙季

安藤みなみ -9、-6、7、4、2 申裕斌(韓国)

早田ひな 4、9、9 チェ・ヒョジュ(韓国)

カマス(インド) -11、-6、8、10、8 長﨑美柚

●準々決勝の対戦

早田ひな vs. 安藤みなみ

 

★男子ダブルス

●決勝トーナメント1回戦

吉村和弘/木造勇人 5、-9、5、6 アントニー/グナナセカラン(インド)

宇田幸矢/戸上隼輔 5、7、8 デサイ/タッカー(インド)

●準々決勝の結果と対戦相手

宇田幸矢/戸上隼輔 -9、3、6、11 ドゥダ/チウ・ダン(ドイツ)

吉村和弘/木造勇人 vs. ニュイティンク/トキッチ(ベルギー/スロベニア)

 

★女子ダブルス

●決勝トーナメント1回戦

長﨑美柚/安藤みなみ 5、-9、9、9 吳穎嵐/朱成竹(香港)

ジャン・ゼン/リン・イエ(シンガポール) 6、4、7 芝田沙季/佐藤ひとみ

●準々決勝の対戦

長﨑美柚/安藤みなみ vs. 李皓晴/杜凱琹(香港)

 

★混合ダブルス

●トーナメント1回戦

戸上隼輔/早田ひな 7、10、8 チュウ・チェユー/ジャン・ゼン(シンガポール)

●準々決勝

戸上隼輔/早田ひな 3、2、-7、4 何鈞傑/李皓晴(香港)

●準決勝の対戦

戸上隼輔/早田ひな vs. 黃鎮廷/杜凱琹(香港)

 

女子単で8入りを決めた早田。混合複では4強入り(写真はアジア選手権選考会)

 

準々決勝で早田と対戦となる安藤。長﨑との女子複でも準々決勝進出(写真はアジア選手権選考会)