卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【世界ユース選手権2023】日本は団体4種目中3種目で決勝進出!

11月26日よりスロベニアで開催されている世界ユース選手権2023。昨日はU15、U19の男女団体準決勝までが行われ、日本はU15女子、U19男女が決勝進出を決めた。

 

⚫︎U15男子団体準決勝
〈日本2-3中国〉
川上流星 -4、-7、-10 孫楊○
○渡部民人 -7、11、9、9 王吉軒
○岩井田駿斗 8、5、-8、8 李和宸
渡部民人 -6 、-8、-2 孫楊○
川上流星 10、-5、-8、9、-9 王吉軒○

U15男子は中国との激闘の末に敗戦。2番の渡部、3番の岩井田が勝利して決勝進出へあと一歩まで迫るも、わずかに届かなかった。

2番で勝利した渡部

 

⚫︎U15女子団体準決勝
〈日本3-0韓国〉
○高森愛央 4、3、2 劉芸琳
○小塩悠菜 2、-3、-8、6、9   チュ・ナヒョン
○竹谷美涼 8、9、7 キム・ユンソ

U15女子は韓国に完封勝利。1番で高森が劉芸琳を圧倒すると、小塩、竹谷もそれに続いた。

競り合いながらも、2番でチュ・ナヒョンに勝利した小塩

 

⚫︎U19男子団体準決勝
〈日本 3-2 韓国〉
松島輝空 -9、-9、9、-14 朴奎炫○
萩原啓至 5、9、-9、-9、-9 呉晙誠○
○吉山和希 -9、7、9、-4、14 吉玟錫
○松島輝空 -9、8、4、-11、10 呉晙誠
○萩原啓至 -7、4、7、7 朴奎炫

U19男子は劇的な試合展開に。1番の松島、2番で萩原が敗れて崖っぷちまで追い込まれるも、3番で吉山がフルゲームジュースの激戦を制する。そこから息を吹き返した日本チームは、松島、萩原が勝利し、決勝進出をきめた。

 

⚫︎U19女子団体準決勝
〈日本 3-0 ルーマニア〉
○小塩遥菜 8、4、-8、9 シンゲオルザン
○面手凛 -6、9、-7、6、8 ザハリア
○青木咲智 -8、9、5、4 メイ=ロス

U19女子はルーマニアに勝利して決勝へ。インターハイチャンピオンの青木に、Tリーガーの小塩と面手という万全の布陣で優勝を狙う。

面手はしなやかな両ハンドを武器に2番で逆転勝利を収めた

 

 

関連する記事