卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

世界ユース選手権の全日程が終了。日本は11個のメダルを獲得し、小塩悠菜は4冠を達成!

11月26日よりスロベニアで開催されていた世界ユース選手権の全日程が終了。日本は合計で11個のメダルを獲得し、U15では小塩悠菜が4冠を達成した。

 

日本がメダルを獲得した種目の最終結果は以下のとおり

⚫︎U19男子団体

優勝:中国

準優勝:日本

3位:ルーマニア、韓国

準決勝では韓国に対してマッチカウント0-2からの大逆転勝利を収めたU19男子日本チーム(写真提供:WTT)

 

⚫︎U19女子団体

優勝:中国

準優勝:日本

3位:インド、ルーマニア

準優勝となったU19女子日本チーム。決勝では中国に対して小塩が2番で勝利するも、一歩及ばなかった(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15男子団体

優勝:中国

準優勝:チャイニーズタイペイ

3位:日本、韓国

U15男子日本は準決勝で中国に対して5番までもつれる激戦を繰り広げた(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15女子団体

優勝:日本

準優勝:中国

3位:韓国、フランス

決勝で中国に勝利し、頂点に立ったU15女子日本(写真提供:WTT)

 

⚫︎U19男子ダブルス

優勝:林詩棟/温瑞博(中国)

準優勝:松島輝空/クエク(日本/シンガポール)

3位:呉晙誠/吉玟錫(韓国)、萩原啓至/レジンスキー(日本/ポーランド)

完成度の高いプレーを見せた林詩棟/温瑞博(写真提供:WTT)

松島はクエクとの国際ペアで準優勝(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15男子シングルス

優勝:孫楊(中国)

準優勝:渡部民人(日本)

3位:王吉軒(中国)、アビオドゥン(ポルトガル)

粘り強く切れ味のあるカットを連発した孫楊。準々決勝では川上、決勝では渡部を撃破するなど、日本選手の壁となった(写真提供:WTT)

渡部は準決勝で王吉軒をフルゲームで下すも、決勝では孫楊のカットを攻略しきれなかった(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15女子シングルス

優勝:小塩悠菜

準優勝:劉芸琳(韓国)

3位:閻禹橦(中国)、巫嘉恩(チャイニーズタイペイ)

今大会4冠を達成した小塩。準決勝では閻禹橦をフルゲーム9点で下した(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15男子ダブルス

優勝:郭冠宏/徐絃家(チャイニーズタイペイ)

準優勝:川上流星/渡部民人(日本)

3位:权赫/李勝洙(韓国)、Won BAE/Aditya SAREEN(オーストラリア)

抜群のコンビネーションで優勝を果たした郭冠宏/徐絃家(写真提供:WTT)

キレのある両ハンドが特徴の川上(左)/渡部。準決勝では2度のジュースをものにするなど、勝負強さを見せた(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15女子ダブルス

優勝:小塩悠菜/髙森愛央(日本)

準優勝:バギース/ボウミック(インド)

3位:イタガキ/ノイマン(ドイツ)、Leana HOCHART/Nina GUO ZHENG(フランス)

髙森の両ハンドと、小塩の速攻プレーがうまく噛み合い、見事優勝を果たした(写真提供:WTT)

 

⚫︎U15混合ダブルス

優勝:渡部民人/小塩悠菜(日本)

準優勝:孫楊/閻禹橦(中国)

3位:郭冠宏/巫嘉恩(チャイニーズタイペイ)、パラディバディ/バギース(インド)

決勝では孫楊/閻禹橦に逆転勝利を収めた渡部(左)/小塩(写真提供:WTT)

 

その他の種目の最終結果は以下のとおり

⚫︎U19男子シングルス

優勝:林詩棟(中国)

準優勝:温瑞博(中国)

3位:高承睿(チャイニーズタイペイ)、E.イオネスク(ルーマニア)

 

⚫︎U19女子シングルス

優勝:蒯曼(中国)

準優勝:ザハリア(ルーマニア)

3位:カウフマン(ドイツ)、徐奕(中国)

 

⚫︎U19女子ダブルス

優勝:蒯曼/徐奕(中国)

準優勝:カウフマン/ハーシー(ドイツ/ウェールズ)

3位:パク・ガヒョン/LEE Daeun(韓国)、Anna BRZYSKA/Zuzanna WIELGOS(ポーランド)

 

⚫︎U19混合ダブルス

優勝:林詩棟/蒯曼(中国)

準優勝:クエク/カウフマン(シンガポール/ドイツ)

3位:呉晙誠/LEE Daeun(韓国)、Andre BERTELSMEIER/Mia GRIESEL(ドイツ)

 

関連する記事