卓球王国 2022年1月21日 発売 vol.298
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【世界卓球】ダブルスで日本の3ペアが準決勝進出、メダル確定

世界卓球選手権ヒューストン大会・個人戦(11月23~29日・アメリカ・ヒューストン)
大会5日目

ダブルスの準々決勝からスタートし、日本チームは3ペアが準決勝に進出を決め、メダル3つ以上獲得が確定した。

●女子ダブルス準々決勝
早田ひな/伊藤美誠 8、8、1 サマラ/ドラゴマン(ルーマニア)
王曼昱/孫穎莎(中国) 9、−7、−6、6、−4 石川佳純/平野美宇

●男子ダブルス準々決勝
宇田幸也/戸上隼輔 10、−10、10、5 ピッチフォード/ドリンコール(イングランド)

●混合ダブルス準々決勝
張本智和/早田ひな 5、2、−7、9 グナナセカラン/バトラ(インド)