卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
卓球初心者ナビ

【初心者】卓球ルール2:サービスのルール

●構えは「ボールを手のひらの上」

サービスを出す時は、フリーハンド(ラケットを握っていないほうの手)の「手のひら」の上にボールを置き、いったん静止させます。

●16cm以上トス、落下中に打つ

続いて、手のひらの上のボールを、回転させることなく、ほぼ垂直に16cm以上トス。トスしたボールが落ちてくる途中で打球します。自分のコートに1回、相手コートに1回バウンドさせればサービス成功!

ネットに触れてから相手コートに入った場合(ネットイン)、「レット」つまりノーカウントでやり直しになります。 ネットに触れてから、相手コートに入らなかった場合は、ミス(相手の得点)。

●ボールを相手にはっきり見せる

トス直後から打つ瞬間まで、相手(レシーバー)にボールをはっきり見せる必要があります。体や衣服などでボールを隠すのはダメ!

●その他、サービスに関する決まり

相手が構えていない時に出すと……レット(ノーカウントでやり直し)

足音や大声……あまりに酷い場合は、審判にバッドマナーとして警告される

ボールをトスしたが空振り……サービスミス(相手に1点)

 

次→卓球ルール3:返球! 正しいリターンになる場合

前→卓球ルール1:試合方式のキホン

関連する記事