卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

パリ五輪のリザーブとして日本卓球協会が男子・松島輝空、女子・木原美悠を発表

本日6月8日の日本卓球協会理事会後の会見で、パリ五輪(卓球は7月27日~8月10日)のリザーブとして男子・松島輝空(木下グループ)、女子・木原美悠(木下グループ)が発表された。

すでにパリ五輪の代表として男子は張本智和(智和企画)・戸上隼輔(井村屋グループ)・篠塚大登(愛知工業大)、女子は早田ひな(日本生命)・平野美宇(木下グループ)・張本美和(木下グループ)が内定している。

リザーブは団体戦のみに出場でき、団体戦メンバーにケガ・病気などが発生した場合に代わりに出場できる。前回の東京五輪では中国の劉詩雯が混合ダブルスのあとに、リザーブの王曼昱にスイッチしたこともあるが、過去のオリンピックで日本がリザーブを使ったケースはない。

 

男子のリザーブに選ばれた松島輝空

 

女子のリザーブに選ばれた木原美悠

関連する記事