卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

ジュニア女子、木原は快勝、張本は赤江を下し、ともにベスト4入り

●ジュニア女子準々決勝
由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高) -7、8、9、9 青井さくら(明徳義塾中・高)
張本美和(木下アカデミー) 8、-10、2、4 赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)
面手凛(山陽学園中) 6、-6、6、-7、4 原芽衣(四天王寺高)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 7、8、6  首藤成美(希望が丘高)

ジュニア女子のベスト4が決まった。中学1年の張本美和(木下アカデミー)は強敵・赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)に2ゲーム目を落としたものの、3ゲーム目以降は回転量の多いバックドライブとフットワークを生かしたフォアドライブ連打で圧倒した。先手を取る展開では確実に仕留める、完成度の高い連続攻撃はもはやジュニアの域を越えている。

張本美和・試合後のコメント

「混合ダブルスとジュニアで準決勝に進んでよかったです。シングルスで負けてしまったけど、今の自分の能力や実力ではしょうがなかった。プレーとしては悪くなかったです。

 混合ダブルスでは自分が果たすべきことはやれたのは良かった。決勝でお兄ちゃん(智和)のペアとやりたい。気合でも技術でも負けないようにがんばります。1試合1試合集中して、悔いのないようにやりたいです。ジュニアは本当に優勝したいし、狙っています。今日の試合で良かったのはサービスの変化であったり、相手のプレーに対処できたこと。(赤江選手に対しては)世界ユースの予選では負けたけど、初めてやるつもりで戦いました」

改めてそのポテンシャルを見せつけた張本美和

2ゲーム目を奪った赤江だが、張本の強打に押された

一方、第2シードで初優勝を目指す木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)は首藤成美(希望が丘高)に対し、危なげない試合運びで準決勝に駒を進めた。序盤から変化の激しいサービスがよく効き、常に先手を奪って左腕の首藤を攻略した。

●木原美悠・試合後のコメント

「ジュニアでは3試合やって、反省する部分もあるので明日に活かしたい。今までジュニアで優勝できていないし、高校2年の最後のジュニアなので優勝したいです。

 混合ダブルスで準決勝まで残れたのは宇田選手のおかげですね。私のサービスからの宇田選手の3球目が良かった。混合ダブルスは世界ジュニア(2019年)で優勝した瞬間に(宇田選手と)また組みたいと思っていました。明日は優勝したいですね

木原はサービスからの強力な3球目攻撃で快勝

木原にストレートで敗れた首藤だが、小学生時代からそのボールセンスは光っていた。今後の成長に期待

青井に競り勝ち、ベスト4進出を決めた左腕の由本

面手凛、中学2年生でのジュニア4強は見事

 

関連する記事