卓球王国 2021年11月20日 発売 vol.296
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

TリーグMVP吉村真晴「「ぼくらは『木下に絶対勝とう!』と思い続けてきた」

2月26日のTリーグ男子ファイナル。

木下マイスター東京を3-0で下し、見事に初優勝を遂げた琉球アスティーダ。

チームのエースとして3番で優勝を決め、シーズンのMVPを獲得した吉村真晴選手に単独インタビューを行った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

優勝を決めた後の吉村真晴

 

琉球アスティーダ 吉村真晴

Tリーグ2020-2021シーズンMVP

 

「ぼくらは『木下に絶対勝とう!』と思い続けてきた」

 

ーー優勝から3日ほど経ちましたが、今の気持ちはどうでしょう?

吉村 ホッとしています。MVPを取ったこともすごくうれしかったですね。

 

ーーファイナルを振り返ってください。

吉村 相手は水谷さんをメンバーで欠いていたけど、1番から競り合いで、(吉村)和弘も見ていて、出足の1ゲーム目から緊張感が伝わってきたけど、なんとかダブルスを勝ってくれた。2番の戸上対大島。相手の大島も良いパフォーマンスを見せていたのに、戸上も自分らしプレーを取り戻して、最後にギリギリで勝利した。3番での自分は出来も良くて、「絶対に決めてやる!」という強い気持ちを持ってコートに立ちました。

 

ーー相手の及川には全日本選手権では負けたけども、その後のTリーグでは勝っていますね。

吉村 リーグでは3-0で勝ちましたが、正直、及川には前までは苦手意識がありました。選考会やワールドツアーでも負けていたので、良いイメージはなかったが、今回の試合では最高のスタートを切れていた。

ファイナルのトップのダブルスで木下の機先を制した吉村和弘(右)と木造勇人のダブルス

 

2番で大島に競り勝った戸上隼輔

 

ーーこの1シーズンを振り返ってどうだろう?

吉村 このTリーグでは満足できるパフォーマンスができました。ラリー志向に変えるとか、卓球スタイルをより速くするとか挑戦してきて、それが良い形で試合でもできていたので、2019年の自分よりも成長できていると感じています。

勝利に対して貪欲であることに違いはないけれども、試合後に休むこととか食事するとか、卓球をやる時とやらない時の、ONとOFFを使い分けて、楽しくシーズンを終えることができたし、チームのみんなも頑張ってくれて、勝つことを重ねて、ストレスを感じずに卓球台に立つことができました。

 

ーーシーズンを通して自分自身、苦しかった場面はなかったのかな。

吉村 去年の年末にT.T彩たまの曽根とやった時に、サービスも効いていた試合なのに、途中から相手が(ボールが)入ってきた。少し油断した面もあって、内容的にも情けない、不甲斐ない試合だった。気持ちの面でも集中しきれていなかった。

その時は他のチームメイトが尻拭いしてくれた。あと年末に2試合残っていて、「このままでは年を越せねえ!」と「ぼく出ます!」と岡山戦に出ました。(張)一博さん(監督)も優しいからガツガツ言ってくることはないんだけど、「おれは真晴のことを信頼しているから」と言ってもらっていました。

 

ラリー戦のうまさと持ち前の豪打を織り交ぜた吉村のプレーが琉球を優勝へ牽引した

 

ーーファイナルの優勝直後は涙をためながらインタビューに答えていたけど。

吉村 昨シーズンもファイナルがなかったりとか、大会がなくなり、自分を表現する場がなかった。このTリーグが無事に開催されて、1年ぶりにファイナルのコートに立って、琉球は先輩・後輩が多いチームで、若い選手も入ってきて、シーズンが始まる時にも、「このメンバーで優勝したいね」と言っていたので、いろんな思いがこみ上げてきて、「Tリーグの優勝ができてよかった、このメンバーで優勝できてよかった」と思ったんですよ。

 

ーー真晴もベテランになってきて、涙腺がもろくなってきたね。(笑)

吉村 それはあると思います(笑)。もう27歳ですから。ある程度自覚はあるんですよ(笑)。

 

ーーチームを移籍することはプロ選手にとって転機になり、良い方向に行く選手もいれば、悪い方向に流れていく選手もいる。改めて、君にとって、琉球アスティーダはどういうチームでしたか?

吉村 早川さん(社長)に誘っていただいて、話をした中で、組織を作る面でも早川さんは違う視点を持っているし、試合の時でも緊張感を持っていて、早川さんの熱量をぼくらも感じることができる。負けても前を向いて進んでいくチームなので、ぼくにはすごく合っていますね。勝っても負けても支えてくれる仲間たちがいるので、このチームに入って良かったと思います。

 

表彰式での吉村と、早川周作社長(右)

 

吉村に全幅の信頼を寄せた張一博監督

 

ーーTリーグ男子では、張本、水谷という五輪代表を擁する木下マイスターという絶対的に強いチームがある中で、今回琉球が勝った意味は大きかったと思う。木下というライバルの存在はどうですか?

吉村 木下はみんながライバル視して、どうせ木下はファイナルに行くからと思っているチームが多い中、ぼくらは「木下に絶対勝とう!」と思い続けてきた。その強い気持ちでシーズンを戦いきった。宇田とか戸上が入ったことで木下にチャンスが見えてきたし、それにぼく自身も後押しされ、みんなで木下戦のオーダーを考えたりした。だからこそ最後の最後に木下に勝って優勝できた。木下の存在は琉球の選手一人ひとりの成長にもつながったので、木下の存在は大きいですね。

 

ーー来シーズンは外国選手がもっと参戦してくる可能性も高いし、チーム内での競争もあるでしょう。来シーズンの抱負を聞かせてください。

吉村 サードシーズンは目標の優勝を達成できて、大満足のシーズンだったけど、来シーズンはさらにレベルの高い戦いになると思う。ぼく自身が今以上に成長していかないと若手や外国選手との競争に呑まれていくと思う。もっと成長していって、チームの要(かなめ)だねと言ってもらえるような選手でい続けたいと思っています。

ぼくらが勝ったことで、岡山も彩たまもチャンスがあると思ってくれると思う。4thシーズンはサードシーズン以上に面白くなると思います。期待してください。

ーーありがとうございました。 <聞き手・今野昇>

 

五輪代表を擁する木下マイスタ東京を破り、初優勝に輝いた琉球アスティーダ