卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

五輪の大陸予選は2月に開催、世界予選は3月に開催

日本は関東の一都三県での緊急事態宣言で、東京五輪の話題を口にするのもはばかられる状況だが、ITTF(国際卓球連盟)やETTU(ヨーロッパ卓球連合)は、今年7月に開催予定の東京五輪に向けての予選をアナウンスしている。

大陸予選として、アジアは2月終盤に(日本はホスト国として予選には出ない)WTT中東ハブの前にカタールで開催、ヨーロッパ予選は2月10日から14日にポルトガルのリスボンで、最終の世界予選は3月16日から19日までカタールで開催される見通しとなっている。
そしてオセアニアや南米、アフリカの大陸予選も2月に行われる予定になっている。

カタールでの開催が多いのは、検疫として2週間の隔離がなく、PCR検査で陰性の場合は、入国から2日後に練習、試合ができるからのようだ。

リオ五輪で大活躍を見せたナイジェリアのアルナは、アフリカ予選に出場予定