卓球王国 2021年7月20日 発売 vol.292
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

関東学生新人シングルスは宮川昌大と出澤杏佳が戴冠!

 神奈川・横浜武道館で行われていた関東学生新人大会は本日が最終日。男女シングルスの決勝までが行われ、チャンピオンが決定した。

 

【男子シングルス】

優勝:宮川昌大(明治大)

準優勝:小林広夢(日本大)

3位:蘇健恒(法政大)、白山遼(駒澤大)

ベスト8:平賀龍生(明治大)、山本歩(明治大)、後藤世羽(専修大)、髙橋天馬(法政大)

男子シングルス入賞者

 

 第1シードの小林と第2シードの宮川の対戦となった男子決勝。1ゲーム目は宮川が9-1まで一気にリードを広げて先制。2ゲーム目も宮川のリードで試合が進んだが、終盤に小林が逆転しゲームカウントは1-1。3ゲーム目、先にゲームカウントを握ったのは宮川だったが、ここでも小林が逆転し優勝にあと1ゲームに迫る。しかし、宮川の集中力は切れず、4ゲーム目を奪い返すと、5ゲーム目も好プレーを連発。最後まで攻めきった宮川が逆転で優勝をつかんだ。宮川は昨日のダブルスに続く優勝で今大会2冠となった。

優勝:宮川昌大

準優勝:小林広夢

3位:蘇健恒

3位:白山遼

ベスト8:平賀龍生

ベスト8:山本歩

ベスト8:後藤世羽

ベスト8:髙橋天馬