卓球王国 2024年5月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

東京選手権 男女ダブルスはともに高校生ペアが優勝!

東京体育館で開催されている第75回東京卓球選手権5日目。男女ダブルスではともに高校生ペアが優勝を果たした。

【男子ダブルス】

優勝:梅村友樹/藤元駿(明徳義塾高)

準優勝:宮川昌大/山本歩(明治大)

3位:川上尚也/西康洋(日野キングフィッシャーズ)、松下大星/宮本春樹(クローバー歯科カスピッズ)

 

男子ダブルスはアグレッシブなプレーを貫いた梅村/藤元が優勝。決勝では大学生トップクラスの実力を誇る宮川/山本に対し、レシーブから積極的に攻撃をしかけて試合を優位に進めた。宮川/山本も威力のある両ハンドで得点を重ねて1ゲームを奪うも、梅村/藤元が最後まで攻撃の手を緩めずに3-1で勝利した。

アグレッシブに攻め続けた梅村(左)/藤元。フォアドライブの威力は超高校級だ

男子ダブルス入賞者

【女子ダブルス】

優勝:今枝愛美/遊佐美月(愛み大瑞穂高)

準優勝:小林りんご/野村光(桜丘高)

3位:青木優佳/中森帆南(中国電力)、加藤亜実/小島叶愛(十六銀行)

 

女子ダブルスは高校生ペア同士の決勝に。ノーシードから破竹の勢いで勝ち上がってきた今枝/遊佐に対し、昨年のインターハイ準優勝でカット型と攻撃型の変則ペアである小林/野村も抜群のコンビネーションを見せ、試合は最終ゲームに突入。最終ゲームで先にマッチポイントを握った今枝/遊佐だったが、じわじわと点差をつめられジュースに。流れが小林/野村に傾きかけたが、最後は粘りを見せた今枝/遊佐がジュースをものにして優勝を決めた。

勝負どころでも臆することなく攻めた今枝(右)/遊佐

女子ダブルス入賞者

最終日となる明日は、男女シングルス・ジュニア・カデットの王者が決定する。

関連する記事