卓球王国 2021年10月21日 発売 vol.295
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTスター・ドーハ大会、早田ひなが2冠

9月20〜25日までカタール・ドーハで開催のWTTスターコンテンダー・ドーハ大会。早田ひな(日本生命)が女子シングルスと戸上隼輔(明治大)との混合ダブルスの2種目で優勝を果たし、2冠を獲得した。また、女子ダブルスでも安藤みなみ/長﨑美柚(TOP名古屋/日本生命)がタイトルを獲得し日本選手の活躍が目立った大会となった。

 

早田は女子シングルス準々決勝で安藤みなみとの同士討ちをストレートで制し準決勝に進出。準決勝では田志希(韓国)に3ゲームを連取される苦しい展開となったが、第4ゲームから4ゲームを連取し、大逆転で勝利。決勝の杜凱琹(香港)戦は早田ペースで進み、4-1で勝利しタイトルを手にした。

戸上とのペアで臨んだ混合ダブルスでは、準決勝で黃鎮廷/杜凱琹(香港)、決勝で張禹珍/田志希(韓国)と強敵をそれぞれ3-1で下し優勝を決めた。

 

女子ダブルスでは長﨑/安藤が決勝で梁夏銀/田志希(韓国)にストレートで勝利。安藤/長﨑は全4試合で1ゲームしか落とさない快勝ぶりで、初タイトルを手にした。

 

また、男子シングルスでは第2シードのカルデラノ(ブラジル)が決勝でヨルジッチ(スロベニア)を4-2で下し優勝を決めた。

 

上位の結果は以下のとおり。(準決勝より7ゲームマッチ)

★男子シングルス

●準々決勝

ヨルジッチ(スロベニア) 10、6、9 ガチーナ(クロアチア)

李尚洙(韓国) -11、6、8、7 オラー(フィンランド)

ピッチフォード(イングランド) 4、7、11 黃鎮廷(香港)

カルデラノ(ブラジル) -8、4、3、10 ゴーズィ(フランス)

●準決勝

ヨルジッチ 11、-12、7、-9、7、2 李尚洙

カルデラノ 2、8、-8、5、9 ピッチフォード

●決勝

カルデラノ 5、-6、-10、9、3、9 ヨルジッチ

 

★女子シングルス

●準々決勝

田志希(韓国) -7、-8、8、13、2 Su. サウェータブット(タイ)

早田ひな 6、8、13 安藤みなみ

ペソツカ(ウクライナ) 6、7、-9、-10、7 B. タカハシ(ブラジル)

杜凱琹(香港) -9、11、8、6 カマス(インド)

●準決勝

早田ひな -8、-9、-8、6、8、7、5 田志希

杜凱琹 4、5、10、1 ペソツカ

●決勝

早田ひな 6、6、9、-7、7 杜凱琹

 

★男子ダブルス

●準々決勝(日本選手のみ)

宇田幸矢/戸上隼輔 -9、3、6、11 ドゥダ/チウ・ダン(ドイツ)

ニュイティンク/トキッチ(ベルギー/スロベニア) 4、-11、8、4 吉村和弘/木造勇人

●準決勝

ドリンコール/ピッチフォード(イングランド) 7、8、7 ニュイティンク/トキッチ

趙勝敏/安宰賢(韓国) -6、10、7、10 宇田幸矢/戸上隼輔

●決勝

趙勝敏/安宰賢 7、-4、9、4 ドリンコール/ピッチフォード

 

★女子ダブルス

●準々決勝(日本選手のみ)

長﨑美柚/安藤みなみ 8、4、8 李皓晴/杜凱琹(香港)

●準決勝

梁夏銀/田志希(韓国) 4、9、7 ミスチェク/ホ・ティンティン(オーストリア/イングランド)

長﨑美柚/安藤みなみ 7、5、10 ジャン・ゼン/リン・イエ(シンガポール)

●決勝

長﨑美柚/安藤みなみ 8、9、6 梁夏銀/田志希

 

★混合ダブルス

●準決勝

張禹珍/田志希(韓国) 李尚洙/崔孝珠(韓国)

戸上隼輔/早田ひな 9、-8、5、6 黃鎮廷/杜凱琹(香港)

●決勝

戸上隼輔/早田ひな 6、-3、2、8 張禹珍/田志希

 

※写真提供:ITTF

2冠を獲得した早田

混合ダブルス優勝の戸上/早田

女子ダブルス優勝の安藤/長﨑