卓球王国 2021年10月21日 発売 vol.295
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

全日本、大阪ジュニア予選、男子・石山浩貴、女子・高森愛央が優勝

全日本選手権の大阪ジュニア予選が行われ、決勝リーグの結果、代表が決まった。結果は以下の通り。

 

●決勝リーグ結果

【男子ジュニア】

1位 石山浩貴(上宮学園中)

2位 辻井聡一(上宮高)

3位 佐野和輝(大阪桐蔭高)

4位 日髙智貴(大阪桐蔭高)

5位 西山元規(上宮学園中)

6位 福田雪弥(上宮高)

7位 竹島漣(上宮学園中)

8位 鈴木拓登(上宮学園中)

 

全日本大阪ジュニア男子予選通過者

 

【女子ジュニア】

1位 高森愛央(ミキハウスJSC)

2位 伊藤詩菜(ミキハウスJSC)

3位 青木咲智(ミキハウスJSC)

4位 司千莉(リベルテ)

5位 由本楓羽(リベルテ)

6位 萩原怜奈(ミキハウスJSC)

7位 藤田知子(四天王寺高)

8位 山本真愛(ミキハウスJSC)

全日本大阪ジュニア予選女子通過者

 

「将来の五輪代表育成、自分がやるしかない」。全日本前男子監督の倉嶋洋介氏が木下G卓球部の総監督に就任
ドイツ会長選に55歳のクラウディア・ヘアヴェグ氏が立候補。初の女性会長誕生か!?
ラバーの色による性能の差はないが、「黒ラバーは回転がかかる」という選手心理もある
10月1日からカラーラバーが解禁、卓球界に「カラー変革」は起きるのか
メダリストの既得権はなし。パリ五輪の選考基準が大きく変わり、トップクラス全選手がゼロから出発
パリ五輪に向かう卓球NT監督に、男子は田㔟邦史、女子は渡辺武弘が就任