卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTコンテンダー・チュニス大会、混合複で張本智和/張本美和ペアが優勝!

8月1〜6日まで北アフリカのチュニジアで開催されているWTTコンテンダー チュニス大会。混合ダブルスで張本智和/張本美和の兄妹ペアが優勝を飾った。

2人が国際大会でペアを組むのは初めて。準々決勝では、7月に行われたWTTフィーダー・ヨーロッパ夏季シリーズ2022で優勝した林詩棟/蒯曼(中国)にストレートで勝利。決勝では馮翊新/陳思羽(チャイニーズタイペイ)にゲームカウント1-2と追い込まれるものの、最後まで攻めの姿勢を崩さなかった張本智和/張本美和が激戦をものにした。さすがは兄妹と言わんばかりのペアリングで国際大会初出場、初優勝となった。

お互いの持ち味を存分に引き出しあった張本智和(左)/張本美和ペア(写真提供:WTT)

★ WTTコンテンダー チュニス大会記録

〈混合ダブルス〉

●1回戦

張本/張本 9、3、8 クルマンガリエフ/アカシェバ(カザフスタン)

●準々決勝

張本/張本 9、9、11 林詩棟/蒯曼(中国)

●準決勝

馮翊新/陳思羽(チャイニーズタイペイ) 5、4、-8、7 マイスナー/ワン・ユエン(ドイツ)

張本/張本 -5、4、5、6 V.イシイ/B.タカハシ(ブラジル)

●決勝

張本/張本 -9、8、-9、10、6 馮翊新/陳思羽

 

関連する記事