卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
王国インフォ

『水谷隼の大サービス』発売まであと1日! 「1球の重みを感じてほしい」

●3月28日の名言

「1球の重みを感じてほしい」

水谷隼が所属する木下グループの練習では、たとえ練習でもサービスミスをしたら、1球につき罰金100円を貯金箱に入れるそうだ。発案者は、言うまでもない。

 「ぼくが提言して、すぐに貯金箱を買いに行きました」(水谷隼)

……一体、いくら貯まったのだろう?
これは練習でのサービスでも、試合に近い緊張感を持たせるためのひとつのやり方。「プロ選手でもそのくらいの意識でないと、サービスミスをする選手はいる」と手厳しい。

一球の怖さを知るがゆえに、この一球にすべてを込める(写真は2019年世界選手権個人戦)

 「まず1球の重みを感じてほしい。試合の10−10で質の高いサービスを出そうと思ったら、練習でも同じような緊張感を作り出すべきです」

「1球の重み」を知る水谷隼から、中学生、高校生のプレーヤーに贈る大切なメッセージ。数をこなして感覚をつかむサービス練習と、緊張感を高めるサービス練習は分けて考えるべきだろう。

別冊『水谷隼の大サービス』の詳細はこちら!

……いよいよ明日3月29日、別冊『水谷隼の大サービス』発売!

普段はほとんど使わないバックサービスが、撮影でネットインした瞬間にこの表情。すべてのサービスを完璧に出したい男が監修した一冊です

 

関連する記事