卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

タクシンスポーツ後期日本リーグ2部はケアリッツと愛媛銀行がV! 丹羽参戦のケアリッツは初の1部昇格

 三重県・サオリーナで開催されているタクシンスポーツ後期日本リーグは男女2部の全日程が終了。男子はケアリッツ・アンド・パートナーズ、女子は愛媛銀行が優勝で1部昇格を決めた。

 

【男子2部試合順位】

1位:ケアリッツ・アンド・パートナーズ(8勝1敗)

2位:関西卓球アカデミー(7勝2敗)

3位:瀬戸内スチール(7勝2敗)

4位:信号器材(6勝3敗)

5位:協和発酵バイオ(4勝5敗)

6位:豊田自動織機(4勝5敗)

7位:琉球レオフォルテ(3勝6敗)

8位:三重県選抜(2勝7敗)

9位:トヨタ自動車(2勝7敗)

10位:JR北海道(2勝7敗)

1位:ケアリッツ・アンド・パートナーズ

2位:関西卓球アカデミー

3位:瀬戸内スチール

 

 男子2部は今日の残り2試合を残してケアリッツ・アンド・パートナーズと瀬戸内スチールが6勝1敗で並んでいたが、ケアリッツ・アンド・パートナーズが2勝をあげて初の2部優勝。ケアリッツ・アンド・パートナーズは今日9時30分からの協和発酵バイオ戦に3-2で勝利したが、1番でゴールド選手の丹羽孝希が千葉悠平に5ゲーム目6-10から逆転勝利。この1勝で大きく優勝に向けて前進すると、最終戦ではJR北海道をストレートで破り、初の1部昇格を決めた。

さすがのプレーで最高殊勲選手賞を受賞した丹羽

優勝を決める勝利をあげた出雲/沼村

 

 ゴールド選手として初めて日本リーグ参戦となった丹羽は「ゴールド選手として期待されているので、自分の試合をして全勝したかった」と競る試合もあったものの全勝で優勝に貢献。初の日本リーグで最高殊勲選手賞に輝いた。

 「日本リーグは(勝敗が並んだ場合)得失マッチで順位が決まるので、最後のJR北海道との試合まで順位が決まらず大変だった。今日の1試合目で千葉くん(悠平)にゲームカウント2-2の6-10で負けていて、もしそこで負けていたらチームも負けていて、3位や4位の可能性もあったので、そこで勝ちきれて良かった。競る試合が多くて、1部の選手と変わらないレベルの選手も各チーム1、2人はいて、ぼくはその選手と当たったので、厳しい試合も多かった。(大会使用球の)ニッタクのボールは他のボールに比べて硬くて、とにかく振ったら入る感じ。なので実力差が縮まりやすいように感じます。

 どんな試合でも勝つことがぼく自身楽しいし、ファンの方もよろこんでくれる。勝てるとうれしいですよね。今回は全勝で終われたので達成感もあります。負けるとおもしろくないし、やっぱり勝ちたいですね。ゴールド選手として期待されているので、自分の試合をして全勝したかった。(ケアリッツとして)チームで練習するのは月に1回ですけど、練習場を貸してもらっていて、ぼくは母体がなくて練習場もないので、そういう部分でもすごく助かっている。

 国際大会を引退したので、1番の目標は全日本になる。前回7年ぶりに表彰台に上がれたので、ずっとそこにいられるくらいのレベルでプレーしたい」(丹羽)

 

 また、関西卓球アカデミーはチーム最高位タイの2位で1部入れ替え戦へ進出。今期はゴールド選手の小西海偉が欠場となった中でも、関西のチームらしいノリの良い戦いぶりで存在感を見せ、ケアリッツ・アンド・パートナーズにも唯一土をつけた。

ケアリッツ戦ラストを締めた吉田

 

【女子2部試合順位】

1位:愛媛銀行(8勝0敗)

2位:広島日野自動車(7勝1敗)

3位:朝日大(6勝2敗)

4位:オークワ(5勝3敗)

5位:クローバー歯科フェアリーズ(4勝4敗)

6位:百十四銀行(3勝5敗)

7位:JR北海道(2勝6敗)

8位:中京大(1勝7敗)

9位:三重県選抜(0勝8敗)

1位:愛媛銀行

2位:広島日野自動車

3位:朝日大

 

 女子2部は愛媛銀行と広島日野自動車がともに無敗のまま最終戦で優勝をかけて直接対決。単複出場の塩見紗希と松岡優香の2人で3得点を叩き出した愛媛銀行が勝利し、全勝優勝。1期での1部復帰を決めた。愛媛銀行は広島日野自動車、朝日大、オークワと上位3チームとの対戦すべてに3-2で勝利と抜群の勝負強さを見せた。

最高殊勲選手賞と新人賞に輝いた松岡

塩見が広島日野自動車戦ラストで優勝を決める白星

関連する記事