卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
王国インフォ

「最終的にオリンピックで優勝した時に、超えられたということになる」。張本智和、世界戦を語る

本日発売の卓球王国2023年1月号では、張本智和(IMG)が世界選手権成都大会(団体戦)の自身の戦いを振り返っている。

 

日本の真のエースとして挑んだ世界選手権で、張本は11勝1敗という圧倒的な強さで日本男子にメダルをもたらした。特筆すべきは準決勝の中国戦。王楚欽、樊振東を下し、中国を追い詰めた。世界中を沸かせるプレーを見せた張本だが、中国との差については冷静に分析している。

「(中国を)超えられたということは1ミリも思っていないです。まだ追いついてもいないですね。次にやって同じことができるかどうかはわかりませんが、超えるための一歩というのはかなり踏み出せたと思います」

 

準決勝、4番のエース対決で樊振東と対峙する張本

 

世界選手権後に行われたアジアカップのシングルスで優勝し、日本男子として33年ぶりのアジア王者を手にした張本は、最新の世界ランキングを2位まで上げ、日本男子として初の位置についた。

読み手の心をつかむ言葉力を持つ張本のインタビュー。張本智和ファン、そして卓球ファンならば必読だ。

 

卓球王国202301-2

 

↓最新号の情報はこちら

https://world-tt.com/blog/news/product/az309

関連する記事