卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
王国インフォ

「ペンにはプラスの面しかない」と語る男。松下大星の「ペンは強し」がいよいよ最終回!

「ぼくは今までペンホルダーでプレーしてきて、ペンホルダーであることのデメリットというのを感じたことはありません。やりにくい技術があったり、相手のボールが取りにくいこともない。むしろプラスの面しかないと思います」

そう言い切る男、松下大星の超速両ハンド攻撃を紹介する「ペンは強し」が2023年1月号(11月21日発売)で最終回を迎える。今回のテーマは「サービスの重要性と3球目攻撃のコツとは?」。現役バリバリのトップ選手なので、サービステクニックを事細かに説明するわけにはいかないが、「ペンホルダーを使えば絶対に良いサービスが出せる」と松下は語る。サービスを出す際の「脱力」や、3球目での「ハーフロング待ち」など、参考になるポイントがたくさんあるはずだ。

対戦した選手の誰もが驚くほど、抜群の切れ味を誇る松下大星のフォアサービス

サービスから3球目での「待ち」のシステムは、非常に参考になるはず!

ちなみに「脱力(力を抜く)」という点から注目してみると、ペンドライブ型が「ダイナミック」「豪快」というイメージを持たれる中で、松下のプレーは非常に力が抜けている。裏面でのドライブやチキータでも打球の直前まで力を抜いて、インパクトの瞬間に力を集約させ、放たれるボールを驚くほど速い。「これから裏面打法に取り組む」、あるいは「裏面打法に挑戦中」という方は、ガチッと力が入ると手首の可動域も制限されてしまうので、まずは力を抜くことを意識してみよう。

ちなみに「ペンは強し」はシリーズ化され、来月発売の2023年2月号からはヨーロッパチャンピオンのチウ・ダン(ドイツ)のハイテクニックを紹介する。乞うご期待です(柳澤)。

↓最新号の情報はこちら

https://world-tt.com/blog/news/product/az309

関連する記事