卓球王国 2021年1月21日発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

協和キリン、全日本選手権を棄権

 

元日本代表の松平賢二選手

2021年全日本卓球選手権大会が丸善インテックアリーナ大阪で来週11日から開催される予定になっているが、東京を含む一都三県に緊急事態宣言が出され、本日、日本卓球協会は緊急の会議で全日本開催を確認した。

しかし、協会の決定を受け、日本卓球リーグの強豪チーム、協和キリン卓球部が大会を棄権することを正式に決定した。

同チームには平野友樹、松平賢二、渡辺裕介という上位を狙う選手が所属している。新型コロナ感染者の拡大で、全日本選手権の出場を見合わせる選手はいるが、強豪選手の棄権は初めてのこと。

協和キリン 松平賢二選手のコメント

「ぼくとしては正直スッキリしています。会社はぼくたちの健康と命を守るという判断をしてくれた。会社の棄権という判断を聞いてうれしかった。

年末年始から様子がおかしかったし、緊急事態宣言で飲食店関係の人はいろいろ制限されるのに、ぼくらがやりたいというだけで、大会をやってもいいのかと心の中でひっかかっていました。ぼく個人としては大会を中止にしてほしかった。だから今はすっきりした気持ちです。来年度、たくさんの試合が開催されることを願います」

 

協和キリン、過去に3位入賞の実績を持つ平野友樹選手

 

全日本卓球2021速報ページ