卓球王国 2024年5月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

高校選抜シングルスは佐伯爽翔と野田果凛がV!

 山形県総合運動公園体育館で行われていた第51回全国高等学校選抜卓球大会は全日程が終了。男女シングルス(2部)は佐伯爽翔と野田果凛が頂点に立った。入賞者は下記のとおり。

 

【男子】

優勝:佐伯爽翔(宇部工業・山口)

準優勝:阿部朝陽(興国・大阪)

3位:浦田景太朗(三田学園・兵庫)、藤本貴大(前橋・群馬)

 

 中学時代は野田学園で腕を磨いた佐伯が6試合を戦い、1ゲームも落とさない完全優勝を達成。カット型から攻撃型に転向したが、強烈なドライブを連発。打たれても高い守備力で跳ね返し、相手を寄せ付けない強さを見せた。

優勝:佐伯爽翔

準優勝:阿部朝陽

3位:浦田景太朗

3位:藤本貴大

 

【女子】

優勝:野田果凛(文大杉並・東京)

準優勝:松本七海(岐阜・岐阜)

3位:水野瑶来(浜松学芸・静岡)、伊藤百花(秋草学園・埼玉)

 

女子は軽快なフットワークで両ハンドのラリー戦に強さを見せた野田がV。準決勝では伊藤とのフルゲームの熱戦を制して決勝に進むと、松本に1ゲームを先行されながらも落ち着いたラリーで3ゲームを連取して優勝を決めた。

優勝:野田果凛

準優勝:松本七海

3位:水野瑶来

3位:伊藤百花

関連する記事