卓球王国 2024年7月22日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
大会報道

ホープス選抜、女子は栃木県選抜が初優勝。決勝で千葉県選抜に勝利

〈女子1位トーナメント〉●1回戦
神奈川県選抜 3−1 福岡県選抜
福井県選抜 3−0 岡山県選抜
静岡県選抜 3−1 兵庫県選抜
千葉県選抜 3−1 島根県選抜
大阪府選抜 3−2 山口県選抜
愛知県選抜 3−2 埼玉県選抜
岐阜県選抜 3−1 広島県選抜
栃木県選抜 3−0 長崎県選抜
●準々決勝
神奈川県選抜 3−1 福井県選抜
千葉県選抜 3−2 静岡県選抜
大阪府選抜 3−1 愛知県選抜
栃木県選抜 3−0 岐阜県選抜
●準決勝
千葉県選抜 3−0 神奈川県選抜
栃木県選抜 3−1 大阪府選抜
●決勝
 〈栃木県選抜 3−1 千葉県選抜〉
及川永愛 −2、−4、−7 鈴木希華◯
◯佐久間結生 −7、−10、4、4、4 吉岡咲
◯五十畑寿音 5、3、6 小沼陽菜
◯平塚真帆 4、5、6 佐藤栞
武井美桜 − 瓜生日咲

女子1位トーナメント優勝の栃木県選抜。うれしい初優勝を飾った

ホープス選抜、女子1位トーナメント優勝は栃木県選抜!
男子優勝の東京都選抜と同様、栃木県選抜が決勝までに落とした試合は、準決勝の対大阪府選抜の1試合のみ。抜群の安定感で勝ち上がった決勝の対戦相手は、昨年の全国ホープスで初優勝を飾ったマイダスの強力トリオ、6年生の瓜生日咲と吉岡咲、3年生の鈴木希華を擁する千葉県選抜。

決勝のオーダーで勝負に出たのは千葉。ホープス選抜では6年生の選手を2番と5番に起用できるが、これまで1番・鈴木、2番・瓜生で確実に2点を挙げてきた千葉が瓜生を5番に下げ、ラストでの勝負を挑んだ。栃木が4番までに勝負を決めるか、それとも千葉がラストにつなぐか。トップは今年1月の全日本ジュニアに最年少で出場した千葉・鈴木の強さが際立つだけに、3番の6年生対決が勝負のポイントになった。

そして栃木は2番・佐久間が、0−2のビハインドから吉岡に大逆転勝利。伸びのあるフォアドライブから強烈なフォアスマッシュを放つ吉岡に中盤まで苦戦するも、低く正確なカットからすかさず台との距離を詰めて吉岡にプレッシャーをかけ、チャンスボールは威力あるスマッシュを打ち込んだ。さらに3番では栃木のポイントゲッター・五十畑が打球点の早いフォアツッツキ、バック表ソフトのナックルの変化でストレート勝ちを収める。

巧みに両ハンドドライブの弧線をコントロールし、快勝を重ねた千葉県選抜の鈴木

栃木県選抜の佐久間、決勝2番で値千金の逆転勝利

厳しい台上プレーとバック表ソフトの変化で得点を重ねた五十畑

千葉は何とかラスト瓜生につなぎたかったが、栃木は4番で4年生の平塚が思い切りの良いフォアスマッシュを連発し、ストレートで勝利して優勝を決めた。近年の栃木県勢の活躍ぶりからすると意外だが、男女を通じてホープス選抜ではこれが初優勝となった。前回大会3位で初の表彰台に立った千葉は、優勝を狙える戦力が揃っていたが、惜しくも2位で大会を終えた。

4番で栃木県選抜の平塚が勝利し、ラストまで回さずに優勝を決めた

準優勝の千葉県選抜。優勝まであと一歩だった

さらなる成長が期待されるチョッパー・瓜生(千葉県選抜)

3位は神奈川県選抜と大阪府選抜。神奈川県選抜は、1位トーナメント1回戦で2大会連続優勝中の福岡県選抜を3−1、準々決勝でも強豪の福井県選抜を3−1で下して勝ち上がった。各選手が闘志あふれるプレーを見せた大阪府選抜は、準決勝で優勝した栃木県選抜に1−3で敗れたものの、3・4番はゲームオールの接戦と大いに苦しめた。

3位の神奈川県選抜。選手層の厚さを見せた

変化の激しい異質攻守で得点を重ねた4年生の赤川(神奈川県選抜)

ベンチと選手が一体となり、準決勝まで勝ち上がった大阪府選抜

ラストに控え、チームの守護神となった長身のファイター・坂巻(大阪府選抜)

関連する記事