卓球王国 2024年7月22日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
大会報道

日本リーグ・ビッグトーナメント、男子ダブルスは髙見真己/藤村友也が優勝!!

青森市のマエダアリーナで開催されている『シチズンカップ 第33回日本卓球リーグ・ビッグトーナメント』は大会3日目を迎え、男女ダブルスの優勝が決まった。

 

 

●男子ダブルス準々決勝

髙見真己/藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ)
-3、11、8、4 郡山北斗/小野寺翔平(リコー)

出雲卓斗/石山慎(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)
5、7、7 内藤雅明/徳村優汰(瀬戸内スチール)

上村慶哉/三部航平(シチズン時計) -10、-7、7、2、9

吉村和弘/沼村斉弥(ケアリッツ・アンド・パートナーズ)

硴塚将人/田原彰悟(協和キリン) -6、5、-8、7、10
弓取眞貴/遠藤竜馬(日野キングフィッシャーズ)

 

●準決勝

髙見真己/藤村友也 5、9、6 出雲卓斗/石山慎

上村慶哉/三部航平 -4、4、-5、4、6 硴塚将人/田原彰悟

 

●決勝

髙見真己/藤村友也 -5、9、-7、3、10 上村慶哉/三部航平

 

優勝した藤村(左)/髙見

 

男子ダブルスは髙見真己と藤村友也のペアがコンビネーションの良さとラリー力で初優勝を飾る。髙見は前回大会で定松祐輔と組んで優勝しているので2大会続けての栄冠。藤村も一昨年に松下海輝と組んで優勝していて、日鉄物流ブレイザーズが3大会連続で男子ダブルスを制した。

決勝では6オールから始まる最終ゲームで上村/三部に出だしでリードされたが、粘り強さを見せて逆転勝ち。藤村が巧みなボールさばきでチャンスを作り、髙見が威力のある両ハンドドライブで決めるパターンが光った。

 

2位の上村(左)と三部

 

2位の上村/三部は準々決勝、準決勝とゲームオールの接戦を制して決勝でも優勝に近づいたが、わずかに届かなかった。

3位にはパワフルなプレーを見せた出雲/石山、上村/三部を苦しめた硴塚/田原がそれぞれ入った。

 

3位の出雲(右)と石山

 

3位の硴塚(左)と田原

関連する記事