卓球王国 2024年7月22日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
大会報道

全日本大学総合卓球選手権大会(団体の部)は大会3日目が終了。男女ベスト4が出揃う

7月4〜7日にかけて大阪・大浜だいしんアリーナで行われている全日本総合卓球選手権大会(団体の部/通称:インカレ)は大会3日目が終了。第2ステージ準々決勝までが行われ、男女ベスト4が決定した。

【男子準決勝の組み合わせ】

愛知工業大vs中央大

日本大vs専修大

男子は昨年ベスト4の愛知工業大、中央大、日本大に加え、専修大が準決勝進出を果たした。

連覇を狙う愛知工業大は準々決勝の朝日大との東海地区対決に。相手エースの岡野俊介に1点を奪われるも、4番で萩原啓至が梅村友樹とのフルゲームの激戦を制すなど勝負強さを見せて見事勝利した。

朝日大戦の4番で梅村を振り切った萩原

そんな愛工大と対戦するのは3年連続ベスト4入りを果たした中央大。準々決勝では主将の小松隼大が単複で2点取りの活躍を見せ、駒澤大を退けた。

駒澤大戦では2勝をあげ、チームのメダル獲得に大きく貢献した小松

日本大はここまで失点0の完璧な試合運びで準決勝へ。小林広夢、伊藤礼博、吉山僚一、王晨又と全く穴のない布陣で優勝を目指す。

チームの主軸となっている小林(左)と吉山

準決勝で日本大と対戦するのは、2回戦で昨年準優勝の明治大、準々決勝では早稲田大を下した専修大。単複で起用されている野田颯太、木塚陽斗はもちろん、1年生の溜大河も怖い存在だ。

昨年準優勝の明治大を破った専修大。野田は4番で芝を下し、チームの勝利を決めた

1年生の溜は明治大戦で飯村を下した

関連する記事