卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

松下大星がポーランド・スーパーリーグのジェロナ・グラと契約

2022年全日本選手権男子シングルスベスト8で、7月の全日本実業団ではクローバー歯科カスピッズを初優勝に導いた松下大星が、ポーランド・スーパーリーグの『ジェロナ・グラ(ZKS PALMIARNIA Zielona Góra)』と正式契約を結んだ。

ジェロナ・グラは元ポーランド代表で、日本のファンにも馴染み深いルシアン・ブラシュチックが長くチームの看板選手だったクラブ。今季、ポーランドリーグのビドゴシュツでプレーする高木和卓が2017−2018シーズンにプレーしており、今回の松下の参戦も高木和の紹介で実現したものだ。

「この度、ジェロナ・グラと契約できてうれしいです! Tリーグや日本リーグとの兼ね合いで、全試合の参戦は難しいと思いますが、出る試合は全部勝つ気持ちで頑張ります!」と抱負を語ってくれた松下。切れ味鋭いサービスからの破壊力満点の3球目パワードライブ、チキータからの裏面ドライブの連続攻撃で、ポーランドの卓球ファンを大いに楽しませるだろう。その活躍に期待大だ。

今年1月の全日本選手権では、男子シングルスでベスト8の好成績を残した松下大星

 

8月21日発売の10月号から、ペンホルダー待望の技術特集も始動。ご期待ください!

関連する記事