卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

Tリーグ ノジマカップ(個人戦) 吉村、張本が決勝へ。女子は早田と平野が対決

若手吉山、吉村に惜敗。

張本、強さ際立つ

 

篠塚、丹羽に競り勝ち、勢いに乗る吉村だったが、出足で吉山のタイミングや回転量に戸惑い、1ゲーム目を落とすも、その後、自分のプレーを取り戻し3ゲームを連取し、3−1にした5ゲーム目は0で落とす。

勝負の6ゲーム目、出足でリードしたのは吉村だが、ジリジリと吉山が追い上げ、9−8と逆転。吉村が3球目をバックストレートに決め、9−9。そこから吉山が2本連続で3球目をフォアドラで決め、11−9で、最終ゲームもつれこんだ。

7ゲーム目、3−1と吉村がリード。5−2でチェンジエンド。冷静に攻める吉村が8−3でリード。最後は11−5で吉村が若手吉山を下した。

吉村のコメント「こんなに観客が来てくれたのにしょうもないプレーはできない。久しぶりに大勢のお客さんの前でプレーできて嬉しかった。みんなと一緒に卓球界を盛り上げたい」

張本は出足から飛ばす。両ハンドの前陣ドライブで森薗の足を止め、最初から最後まで試合の主導権を話さずに4−1で勝った。

決勝は「柔の吉村」と「剛の張本」の対決となった。

●男子準決勝

吉村真晴(琉球アスティーダ)−8、8、6、8、−0、−9、5 吉山僚一(岡山リベッツ)

張本智和(琉球アスティーダ) 1、9、−1、5、7 森薗政崇(岡山リベッツ)

 

独特のボールタッチと球種で吉村に善戦した吉山

 

張本を攻め込むもなかなかラリーの主導権を奪えなかった森薗

 

前陣での速攻と中陣からのカウンターが決まった張本

 

吉山の独特のボールに苦しんだ吉村だったが、経験豊富なプレーヤーとして中盤からの流れを作った

 

平野は芝田の勢いを止める

早田は木原につけ入るスキを与えず

 

昨夜、伊藤を破った芝田を平野が封じた。3−1でリードした5ゲーム目、ここを落とすと芝田のペースになるかと思われたが、しっかりとサービスとレシーブをコントロールして、決勝進出を決めた。

平野のコメント「決勝に残ることができてよかった。次の決勝は頑張りたい。たくさんのお客さんが来てくれて嬉しいですね。ありがとうございます」

一方、早田は危なげなく木原を完封し、決勝へ駒を進めた。決勝は「みう・ひな」対決。高速ラリー戦になるのは必至だ。

●女子準決勝

平野美宇(木下アビエル神奈川) 10、6、−2、5、8 芝田沙季(日本ペイントマレッツ)

早田ひな(日本生命レッドエルフ)2、7、4、9 木原美悠(木下アビエル神奈川)

早田に対してストレートで敗れた木原

 

昨夜の伊藤戦を見たら、芝田優勝か、と思わせたが、平野の巧みなプレーに屈した

 

安定したプレーで木原に完勝の早田

 

上手さと強さを見せた平野は決勝へ

 

関連する記事