卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTチャンピオンズ マカオ、女子は伊藤らが順調に2回戦進出。男子は張本、宇田が惜しくも初戦敗退

10月19〜23日にかけて中国・マカオで開催中のWTTチャンピオンズ大会。男子シングルス、女子シングルスの2種目に日本からは張本智和(IMG)、宇田幸矢(明治大)、伊藤美誠(スターツ)、石川佳純(全農)、木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)の5名が出場。女子は木原、伊藤、石川がそれぞれバトラ(インド)、ベリストロム(スウェーデン)、リリー・チャン(アメリカ)に勝利し、2回戦へ駒を進めた。

石川はリリー・チャン(アメリカ)をストレートで勝利。2回戦はメシュレフ(エジプト)と対戦する

一方男子は、張本がファルク(スウェーデン)に、宇田が馬龍(中国)にそれぞれ1-3で敗れ惜しくも初戦敗退。世界選手権成都大会(団体戦)では、準決勝で中国から2点を奪う活躍を見せた張本だったが、今大会ではファルクのリーチを生かした攻撃に押され、守りに入ってしまった張本が初戦で姿を消した。宇田は東京五輪王者の馬龍に肉薄するも、後半は馬龍に経験の差を見せつけられ2回戦進出はならなかった。

また、女子では王曼昱(中国)がユエン・ジアナン(フランス)に初戦で敗れる波乱。王曼昱に先に2ゲームを奪われたユエン・ジアナンは、早い打球点で攻撃を仕掛け、王曼昱の威力ある両ハンドを封じて2-2に追いつくと、最終ゲームはユエン・ジアナンが5-0リードで試合が進行。10-6でユエン・ジアナンが先にマッチポイントを握るも、王曼昱が意地を見せ4点を連取。しかし最後はユエン・ジアナンの思い切ったプレーが光り、12-10でゲームをものにした。

初戦で王曼昱を下す大金星をあげたユエン・ジアナン(フランス)

写真提供:WTT

現時点での試合結果は以下のとおり

〈男子シングルス〉
●1回戦

樊振東(中国) 7、8、7 黄鎮廷(香港)

ジャー(アメリカ) 8、8、8 K.カールソン(スウェーデン)

フランチスカ(ドイツ) 9、9、-11、19 ジェラルド(ポルトガル)

ヨルジッチ(スロベニア) -8、5、9、-10、3 フレイタス(ポルトガル)

梁靖崑(中国) 6、-12、10、-10、2 林高遠(中国)

A.ルブラン(フランス) 6、-11、8、6 張禹珍(韓国)

プツァル(クロアチア) -9、6、10、-3、10 荘智淵(チャイニーズタイペイ)

林昀儒(チャイニーズタイペイ) -9、12、9、-7、6 ボル(ドイツ)

モーレゴード(スウェーデン) -3、8、3、-7、7 ピッチフォード(イングランド)

ワン・ヤン(スロバキア) 10、7、-10、7 ゲラシメンコ(カザフスタン)

シェルベリ(スウェーデン) 8、9、9 アルナ(ナイジェリア)

ファルク(スウェーデン) 4、6、-3、6 張本智和

王楚欽(中国) 9、12、4 カルデラノ(ブラジル)

オフチャロフ(ドイツ) 8、-6、8、11 安宰賢(韓国)

チウ・ダン(ドイツ) 6、7、9 グナナセカラン(インド)

馬龍(中国) 9、-13、3、2 宇田幸矢

 

〈女子シングルス〉
●1回戦

孫穎莎(中国) 6、2、5 B.タカハシ(ブラジル)

ヤン・シャオシン(モナコ) 11、-6、8、7 倪夏蓮(ルクセンブルク)

マテロバ(チェコ) 6、9、7 アルホダビ(エジプト)

鄭怡静(チャイニーズタイペイ) 3、-8、8、6 杜凱琹(香港)

ユエン・ジアナン(フランス) -8、5、-8、9、10 王曼昱(中国)

陳思羽(チャイニーズタイペイ) 6、-3、5、-7、6 ミッテルハム(ドイツ)

メシュレフ(エジプト) 9、6、-4、6 李皓晴(チャイニーズタイペイ)

石川佳純 5、8、5 リリー・チャン(アメリカ)

田志希(韓国) 9、-9、13、7 ハン・イン(ドイツ)

陳幸同(中国) 6、7、9 A.ディアス(プエルトリコ)

シャン・シャオナ(ドイツ) 8、-9、7、14 シャオ・ジエニ(ポルトガル)

王芸迪(中国) 8、9、9 ゴーダ(エジプト)

伊藤美誠 -9、8、6、6 ベリストロム(スウェーデン)

木原美悠 7、-9、4、4 バトラ(インド)

スッチ(ルーマニア) 4、4、11 バラゾバ(スロバキア)

陳夢(中国) 5、3、7 ユ・フ(ポルトガル)

 

関連する記事