卓球王国 2024年2月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

パリ五輪、3人目の代表候補予定選手は張本美和と篠塚大登、伊藤美誠は選出されず。日本卓球協会が発表

日本卓球協会は本日午後の会見で、パリオリンピックの男女3人目の代表候補予定選手として、男子は篠塚大登(愛知工業大学)、女子は張本美和(木下グループ)を選出したことを発表した。

男子の篠塚は、世界ランキング33位で日本人3番手の松島輝空(木下グループ)との争いと言われていた。松島はこの半年間で世界ランキングが急上昇。オフチャロフ(ドイツ)、アルナ(ナイジェリア)、李尚洙(韓国)、フレイタス(ポルトガル)、そして日本の張本智和、戸上隼輔に勝つなど、格上を倒して勢いがあったが、篠塚はパリオリンピック選考ポイントではランキング3位、国内実績も安定していることが評価された。

ただし、大会前に発表されるであろうオリンピックチームランキング(参加選手のポイントの合算によって決まるのかは未定)においては、篠塚は現在の世界ランキング78位のままでは不利になるので、6月までにWTTなどの試合に出てランキングを上げる必要があるだろう。

一方、張本美和はこの半年間の急成長が素晴らしく、WTTでの活躍、11月のパリ五輪代表選考会での優勝や、1月の全日本選手権でも危なげなく決勝に進むなど、早田ひな(日本生命)に続く強さを見せていた。

パリオリンピックのシングルス枠2人目を巡る争いで平野美宇(木下グループ)に敗れた伊藤美誠(スターツ)との争いとなったが、最近の勢いに加え、ここから本番までの成長を期待しての選出とも言えるだろう。伊藤の世界ランキングは10位、張本は16位、パリオリンピック選考ポイントで伊藤は3位、張本は4位だった。

また、混合ダブルスに出場するペアも合わせて発表され、2021・2023年世界選手権準優勝の張本智和/早田ひなが選出された。混合ダブルスが初めて種目に加わった前回の東京オリンピックに続き、日本勢として2大会連続の金メダルを目指す。

●パリオリンピック代表候補予定選手
<男子>
張本智和(智和企画)*シングルス出場
戸上隼輔(明治大学)*シングルス出場
篠塚大登(愛知工業大学)団体戦
<女子>
早田ひな(日本生命)*シングルス出場
平野美宇(木下グループ)*シングルス出場
張本美和(木下グループ)団体戦

<混合ダブルス>
張本智和/早田ひな(智和企画/日本生命)

 

関連する記事