卓球王国 2024年6月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

WTTチャンピオンズ重慶、張本智和・美和、早田ひなが8強進出。松島輝空は王楚欽に善戦

5月30日〜6月3日にかけて、中国・重慶で開催中のWTTチャンピオンズ重慶。昨日(1日)男女シングルス2回戦が行われ、男女ともにベスト8が決定した。

男子シングルスでは張本智和(智和企画)が林昀儒(チャイニーズタイペイ)に勝利し、8強入り。ゲームカウント1-1で迎えた3ゲーム目を苦しみながら奪うと、続く4ゲーム目は後半、ラッキーなポイントも重なったが、前陣での攻撃的なプレーが光り、5-9から怒涛の6点連取で勝利を決めた。

攻められても、前陣での攻撃的なプレーを貫いた張本(智)

 

女子シングルスでは張本美和(木下グループ)、早田ひな(日本生命)が準々決勝進出。張本(美)はA.ディアス(プエルトリコ)に完勝。ロングサービスを多用してレシーブを限定させ、あっという間に2ゲームを先取すると、3ゲーム目は一進一退の展開となったが、要所で先に攻めた張本(美)が試合を制した。

早田はリリー・チャン(アメリカ)との激しいラリー戦に勝利。リリー・チャンのピッチの早い両ハンドに苦しみながらも要所を押さえて2ゲームを先行。3ゲーム目を落としたものの、4ゲーム目は出だしで一気に突き放して勝利を収めた。

A.ディアスに完勝し、笑顔を見せる張本(美)

苦戦しながらも、要所で得点する強さを見せた早田

なお、本日の日本選手の試合予定は下記のとおり

12:35〜 張本智和(智和企画) vs. 樊振東(中国)

14:20〜 張本美和(木下グループ)vs. 陳夢(中国)

15:30〜 早田ひな(日本生命)vs. 孫穎莎(中国)

 

また、昨日の試合には平野美宇、松島輝空(ともに木下グループ)が登場。平野は、初戦で伊藤美誠(スターツ)に勝利した王曼昱(中国)にストレートで敗戦。10−9と先にゲームポイントを握った1ゲーム目を取りたかった。

リーチを生かしたパワフルな両ハンドで日本選手を2連破した王曼昱

2回戦敗退となった平野。この悔しさを五輪にぶつけたい

松島は現世界ランキング1位の王楚欽(中国)にマッチポイントを握る大健闘も惜敗。2ゲーム目を3−8から逆転し、一進一退となった4ゲーム目にはラリーで食らいついてフルゲームに持ち込んだ。

引き合い、バッククロスでのラリーでは対等に渡り合い、10−9でマッチポイントを握るもそこから王楚欽に3連続得点を許し、わずかに及ばなかった。

それでも、拾い返すことすら困難な王楚欽のフォアストレートへの回り込みドライブにも反応して見せるなど、王楚欽をあっと言わせる戦いぶりで、最後まで苦しめた。

善戦した松島。この敗戦を次こそものにしたい

土壇場で勝ち切る勝負強さを見せた王楚欽

写真提供:WTT

 

関連する記事