卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
大会報道

【卓球】関東学生選手権ダブルスは男子・上村/阿部、女子・工藤/枝廣が優勝!

本日6月14日より、埼玉県・所沢市体育館で関東学生選手権がスタート。初日の今日は、男女ダブルスの決勝までが行われ、男子は上村太陽/阿部悠人(専修大)、女子は工藤夢/枝廣愛(中央大)が優勝を飾った。

〈男子ダブルス〉

優勝:上村太陽/阿部悠人(専修大)

準優勝:小松隼大/米倉勝(中央大)

3位:宮川昌大/山本歩(明治大)・原井創旦/今泉蓮(埼玉工業大)

 

優勝:上村太陽(左)/阿部悠人

 

準優勝:小松隼大(右)/米倉勝

 

3位:宮川昌大(左)/山本歩

 

3位:原井創旦(右)/今泉蓮

 

 

男子ダブルスは、専修大の上村/阿部ペアが昨年と同カードの決勝を制し優勝。準決勝で、宮川/山本ペアを3-1で下すと、決勝では小松・米倉ペアに5ゲーム目までもつれる大接戦。最終ゲーム5-9とあとがない中、冷静なプレーで6点を連取し、大逆転勝利で栄冠に輝いた。

 

〈女子ダブルス〉

優勝:工藤夢/枝廣愛(中央大)

準優勝:大島奈々/永道麻依加(専修大)

3位:川北帆香/髙橋あかり(中央大)・甲斐萌夏/立川朋佳(専修大)

 

 

優勝:工藤夢(右)/枝廣愛

 

準優勝:大島奈々(右)/永道麻依加

 

3位:川北帆香(右)/髙橋あかり

 

3位:甲斐萌夏(右)/立川朋佳

女子ダブルスで頂点に立ったのは中央大の工藤/枝廣ペア。準々決勝で大川/吉岡、準決勝で川北/髙橋との同士討ちを制すと、その勢いのまま決勝では専修大の大島/永道をストレートで下し優勝を勝ち取った。初戦から決勝まで1ゲームも落とさない完璧な内容で優勝を果たした工藤/枝廣ペアは、春季リーグでも4勝0敗と圧倒的な強さを見せている。

 

また、同大会は16日(木)まで開催され、明日、明後日は男女シングルスが行われる。

 

関連する記事