卓球王国 2022年6月21日 発売 vol.303
バックナンバー 定期購読のお申し込み
トピックス

【卓球】WTTコンテンダー・ザグレブ大会、伊藤と早田が2冠達成!

6月13日よりクロアチア・ザグレブで開催されていたWTTコンテンダー・ザグレブ大会が19日に終了。日本勢では、伊藤美誠(スターツ)が、女子シングルス決勝で平野美宇(木下グループ)との同士討ちを制し優勝。女子ダブルスでは早田ひな(日本生命)とのペアでドイツのシャン・シャオナ/ヴィンターを3-1で下しタイトル獲得。早田は女子ダブルスに加え、混合ダブルスでも張本智和(IMG)とのペアで2種目のタイトル獲得となった。

 

女子シングルス準優勝の平野美宇(左)と優勝の伊藤美誠(photo:WTT)

 

女子ダブルス優勝の早田(左)/伊藤ペア(photo::WTT)

 

男子ダブルス準優勝の宇田(左)/戸上ペア(photo:WTT)

男子は、シングルスでの入賞者はいないが、男子ダブルスで宇田幸矢/戸上隼輔(ともに明治大)ペアが準優勝、及川瑞基(木下グループ)/篠塚大登(愛知工業大)ペアが3位入賞を果たした。

 

 WTTコンテンダー・ザグレブ大会記録

〈男子シングルス〉

●予選トーナメント2回戦

及川瑞基 3、8、-11、-4、7 チャンドラ(インド)

●予選トーナメント3回戦

黃彥誠(チャイニーズタイペイ) 3、-3、8、-5、3 及川瑞基

●決勝トーナメント1回戦

モーレゴード(スウェーデン) 14、11、-6、10 戸上隼輔

宇田幸矢 7、-6、-8、7、3 安宰賢(韓国)

張本智和 5、-9、9、-6、7 林詩棟(中国)

陳垣宇(中国)8、-7、8、-6、6 篠塚大登

●決勝トーナメント2回戦

林昀儒 13、-8、7、7 宇田幸矢

向鵬(中国) 7、-8、9、11 張本智和

●準決勝

林昀儒 -5、11、5、5、3 フランチスカ(ドイツ)

向鵬 7、6、-8、9、9 莊智淵(チャイニーズタイペイ)

●決勝

林昀儒 8、9、5、8 向鵬

 

〈女子シングルス〉

●予選トーナメント2回戦

キム・ナヨン(韓国) 9、8、-3、9 佐藤瞳

●決勝トーナメント1回戦

早田ひな 3、5、5 ヴィンター(ドイツ)

平野美宇 7、5、10 李皓晴(香港)

熠(中国)5、7、12 木原美悠

伊藤美誠 6、10、4 ジェガー(クロアチア)

●決勝トーナメント2回戦

平野美宇 6、-6、8、-7、9 早田ひな

伊藤美誠 7、9、2 シェルベリ

●準々決勝

平野美宇 -5、7、6、8 陳熠(中国)

伊藤美誠 3、-5、1、7 鄭怡静 (チャイニーズタイペイ)

●準決勝

平野美宇 7、2、-8、-7、3、2 シャン・シャオナ

伊藤美誠 6、8、4、9 ハン・イン

●決勝

伊藤美誠 8、-4、4、7、-10、1 平野美宇

 

〈男子ダブルス〉

●予選1回戦

及川/篠塚 -7、7、6、6 ワルサー/メン・ファンボ(ドイツ)

●予選2回戦

及川/篠塚 6、-7、10、8 アリ・ハドラウィ/BU SHULAYBI (サウジアラビア)

●決勝トーナメント1回戦

宇田/戸上 -7、8、6、11 バン/コジック(クロアチア)

及川/篠塚 -4、6、-8、9、5 ガルドシュ/ハベソン(オーストリア)

●準々決勝

宇田/戸上 7、-7、8、8 陳顥樺 /黄鎮廷(香港)

及川/篠塚 5、6、-9、-8、8 彭王維/莊智淵(チャイニーズタイペイ)

●準決勝

宇田/戸上 4、10、4 F.ルブラン/A.ルブラン

張 禹珍/趙大成(韓国) 8、8、-9、4 及川/篠塚

●決勝

張 禹珍/趙大成(韓国) 9、11、8 宇田/戸上

 

〈女子ダブルス〉

●決勝トーナメント1回戦

伊藤/早田 9、8、11 バヨル(ポーランド)/モレ(スイス)

●準々決勝

伊藤/早田 7、-7、3、6 マダラシュ/ポタ(ハンガリー)

●準決勝

伊藤/早田 14、7、5、7 陳熠/蒯曼(中国)

●決勝

伊藤/早田 10、3、-8、9 シャン・シャオナ/ヴィンター(ドイツ)

 

〈混合ダブルス〉

●決勝トーナメント1回戦

張本/早田 2、3、7 ロッシ/ピッコリン(イタリア)

宇田/伊藤 4、2、4 陳思羽/荘智淵(チャイニーズタイペイ)

●準々決勝

張本/早田 5、11、6 ガルドシュ/ポルカノバ(オーストリア)

宇田/伊藤 10、6、7 モーレゴード/シェルベリ(スウェーデン)

●準決勝

張本/早田 -8、5、7、5 宇田/伊藤

●決勝

張本/早田 7、5、5 黄鎮廷/杜凱栞(香港)

関連する記事