卓球王国 2022年9月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
インタビュー

「今回のインカレ優勝は松蔭ファミリーみんなで勝ち取った優勝なんです」元全日本チャンピオン寺田愛

大きな目標としては全日本チャンピオン、
また世界で活躍できる選手を
送り出せる指導者になりたい

●普段の練習はどういう部分を気をつけてますか?
寺田 現在は練習時間を短時間集中型に変更し、「自主性」「決断力」「準備」「笑顔」をチームで強く意識してやっています。打球練習以外でも、トレーニングや身体の使い方など、自分と向き合う事にも重点をおいて取り組んでます。

●今回のインカレ初優勝はどう感じましたか?
寺田 去年の準優勝の悔しさから、この1年、インカレ優勝を片時も忘れることなく本気で取り組んできたので今回優勝できてとても嬉しく思っています。
ただ、今年インカレ初優勝できたのもこれまで繋いで来てくれた先輩たちの功績があっての事です。今回の優勝は松蔭ファミリーみんなで勝ち取った優勝だと思っています。

●今回も春の関西リーグは優勝が同志社で、神戸松蔭は2位でインカレに向かっていった。
寺田 関西学生リーグでは優勝はできませんでしたが、「インカレ優勝するための有り難い気づき」とプラスに捉えて、出てきた課題を次の大会、関西学生、日本リーグ、インカレへと活かすことができたと思います。

●神戸松蔭は日本リーグにはずいぶん長く参戦していますね。もう10年以上ですね。
寺田 15年くらいでしょうか。私自身、日本リーグで育てて頂いたので、学生たちにもぜひ経験して欲しいと思ってました。最初は、大阪開催の日本リーグでスポット参戦として誘っていただき、その後も選手たちの継続して出場したいという思いから、学校に許可と支援をいただき現在も継続して参戦できています。

●学生の選手が社会人チームと団体戦をやることは刺激になりますね。
寺田 はい。一流のボールを受けたり、細かい戦術を肌で感じることができますし、普通の大学生が味わえない経験をさせてもらっています。

学生だから、毎年チームメンバーは入れ替わるし、寺田さんが最初に来た20年前ともだいぶ変わったと思いますが、現在の神戸松蔭はどんなチームなんでしょう。
寺田 昔も今も、個人の目標はバラバラでも、「大学に行って強くなりたい!」という意識の高い子の集まるチームだと思います。今年のチームは、4年生が入学当初から「自分たちが4年の時にインカレで優勝する」と言い続けてきて、実際に優勝チームを作り上げてくれました。課題が見つかるたびに、全員でミーティングを重ね、意見を出し合い、それを行動に移すことができるチームです。

●20年前と今では指導方法も変わったでしょうね。
寺田 結構変わりましたね。昔は自分が経験してきた事を伝えることで精一杯でしたが、現在は学生達の個性や自分たちの考えの中に、私がヒントを与えるような指導へと変わってきました。学生の創造力や主体性を引き出せるようにと意識してますし、時流にあった指導を心がけてます。

●関東だと、近くの実業団に行って腕を磨くこともありますけど、神戸は強い選手とやる機会がありますか?
寺田 今回のインカレ前には日本生命さんに行かせてもらいましたし、他の実業団の練習にも参加させていただいてます。他にも外部の指導者の方々にアドバイスをいただいたり、練習パートナーに来てもらうこともありますし、セミナーに参加したりもしています。いろんな刺激を得られる機会を作るようにしています。

●インカレ優勝すると、次の目標設定は難しくなりますか?
寺田 4年生が5人抜けて新チームになりますので、また一から挑戦者の気持ちで「インカレ優勝」を目指します。

●坂田愛時代を含め、選手として指導者として、女性の指導者で長くやっている人も少ない。
寺田 私は恵まれた環境でやらせてもらってます。川波監督、トレーニングの東田コーチ(鍼灸接骨院・ひがした)、主人の心強いサポートがあるので20年も続けられていると思います。

●チームの雰囲気は寺田さんのキャラクターのせいでは(笑)? 昔からほんわかしてるというか、あまりキリキリしなてないイメージがある。試合の時は別だけど。
寺田 いやいや(笑)。チームに関わってくださる皆さんのご協力のお陰で、いい雰囲気のチームができていると思います。川波監督は私と違う視点からアドバイスをくれますし、東田コーチは選手一人ひとりと丁寧に向き合ってサポートしてくれます。主人には技術修正担当で協力してもらってます(笑)。

●これから寺田愛はどこに向かっていきますか? 
寺田 関西の大学として、うちのチームが先陣を切って盛り上げていきたいですね。大きな目標としては全日本チャンピオン、また世界で活躍できる選手を送り出せる指導者になりたいですね。

●今日はありがとうございました。

 

インカレでの神戸松蔭のベンチは明るい

 

PEOPLE 寺田愛「次は本当の日本一になりたい」卓球王国最新号で掲載