卓球王国 2021年1月21日 発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

大藤、まさに薄氷を踏む勝利。マッチポイントをしのぐ

●ジュニア女子準々決勝
大藤沙月(四天王寺高) −11、−3、11、4、1 面田采巳(四天王寺高)
菅澤柚花里(四天王寺高) 9、8、8 原芽衣(ミキハウスJSC)
横井咲桜(四天王寺高) 6、9、8 赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)
白山亜美(明徳義塾中・高) 9、6、−7、8 中森帆南(四天王寺高)

ジュニア女子準々決勝、前回女王の大藤がゲームカウント0−2の9−10という、敗戦の崖っぷちまで追い詰められながら、土俵際でうっちゃった。
対戦相手はチームメイトの面田。堂々たる体躯を誇り、フォアのパワードライブと叩きつぶすようなバックのミート打ちに威力があり、大藤のフォアサイドを思い切って攻める。同士討ちであっても、1本取るごとに気迫を前面に出す面田。大藤は1ゲーム目のリードを守り切れずに逆転されると、2ゲーム目は一方的な展開で落とす。

3ゲーム目はシーソーゲーム。9−9から9−10と先にマッチポイントを握られた大藤だが、ラリー戦で劣勢に立たされながら、必死の返球で1本を拾い、10−10。13−11と逆転すると、4・5ゲーム目は一方的な展開で一気に試合を決めた。

大藤、劣勢ながら最後の最後で女王の意地を見せた

ジュニア女子のベスト4は、四天王寺高から3人。そして明徳義塾中・高の白山が中森を破り、ベスト4に勝ち上がった。明徳では能力の高さを買われ、男子と混ざって練習しているという白山。中森の厳しい攻めにも動じずに両ハンドでガッチリ受け止めた。

白山、四天王寺高の中森を破って4強入り