卓球王国 2022年11月21日 発売
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

フルゲームの熱戦は伊藤が早田に1年前のリベンジ。2年ぶりの決勝へ

●女子シングルス準決勝

伊藤美誠(スターツ) -4、9、9、-7、-8、8、8 早田ひな(日本生命)

 前回王者の早田と伊藤は、3年連続全日本準決勝での対戦。1ゲーム目は早田が先手を奪い、的確な連打でポイントを重ねて先制。伊藤は早田のボールに押されながらも、2ゲーム目の途中から徐々に対応。早田のバックストレートを有効に使いながら、長いラリーを制して2ゲームを取り返した。3ゲーム目に入ると、伊藤らしい大胆なコース取り、多彩な打法が出てきてゲームカウントを2-1とする。

早田のフォアへの攻めを有効に使った伊藤のフォアハンド

 ただ、早田もこのまま引き下がれない。深く、厳しいコースへのドライブで伊藤を押し込むと、伊藤も連係にミスが出だし、今度は早田が3-2とゲームカウントをリード。6ゲーム目は伊藤が左右の揺さぶりにしっかりと食らいつき、苦しみながらもゲームカウントをタイに戻し、勝負は最終ゲームへと突入した。

互いに持てる力を出し尽くした一戦、早田も1本取るごとに声を出した

 7ゲーム目は伊藤が先行し、早田が追いつく展開で試合が進み、8-8。ここから伊藤が打ち合いを制して9-8、3球目フォアドライブを決めて10-8となりマッチポイント。最後は伊藤がレシーブで先手を奪い、フォアスマッシュで早田を後ろに下げて得点。前回大会のリベンジを果たし、2年ぶりの決勝進出を決めた。

 早田にサービスが効かず、スマッシュのミスも目立ち、バックへのロングサービスへの対応にも苦しんだ。それでも、最終ゲームでは打ち合いで次々とフォアスマッシュを決めて得点、最後の得点もバックへのロングサービスをしっかり回り込んで先手を取るなど、苦しみながらも最後の最後に決めきる、さすがのメンタルと勝負強さを見せた。

関連する記事