卓球王国 2022年1月21日 発売 vol.298
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

5回目Vの石川佳純「絶対あきらめない気持ちが勝因」

女子シングルスで5年振り5回目の優勝を飾った石川佳純が優勝会見に臨んだ。戦前の予想では、恐らく伊藤の優勝を予想した人のほうが多かったはずだ。「無理じゃないかなと思ったこともある。そうじゃないということを卓球が教えてくれたし、自分もそうだし、コーチやいろんな人が信じてくれた」と噛みしめるように語った石川。

優勝を決めてベンチに戻った後も、涙が止まらなかった石川

ゲームカウント1−3から逆転できた要因として、石川は「最後まであきらめずにプレーできたのが良かった。試合前の、絶対最後まであきらめないという気持ちが今日の勝因でした」と語った。年下の伊藤に対しても、「胸を借りる気持ちでいる」と何度も繰り返した。日本女子の屋台骨を支えてきた第一人者でありながら、若手の「黄金世代」が急成長を遂げていく中、遠ざかっていた皇后杯。再び挑戦者に徹することで、その左腕は輝きを取り戻した。以下は石川の優勝インタビュー。

 

「最後まであきらめずにプレーできたのが良かった。これが5年ぶりで、優勝から遠のいていた。オリンピックという大きな目標に向かって、日本女子がレベルの高い中ですごく自信になりました。

ゲームカウント1−3になったのは、前半リードしていたのに逆転される展開が続いた。簡単に点は取れないので、流れを変えるために強気のプレーを入れた。精神面でも技術面でもチャレンジをしようと思った。
決勝の5ゲーム目以降は、レシーブが弱気になると絶対勝てないと思ったし、チャレンジすることでしかこういう結果は出せない。今まで違うレシーブ、今までと違う攻撃ができたのが勝因です。9-5からチャンスボールを2本ミスして「あちゃー」となったけど、9-9になった時には思い切ってやろうと思った。お互いに緊張しているから。

自分の年齢でもうダメかなと思ったこともあるし、もう勝てない、無理じゃないかなと思ったこともある。そうじゃないということを卓球が教えてくれたし、自分もそうだし、コーチやいろんな人が信じてくれた。自分がやりたいようにやればいいと思った。毎回、毎日の練習のときにコーチやトレーナーさんに「もっとできるよ」「頑張れる」と声をかけてもらい、「やれるんだ」というマインドがあった。

決勝の前はプレッシャーは全くなくて、どれだけできるか楽しみだった。試合前、絶対最後まであきらめないという気持ちを持てたのも今日の勝因。本当に伊藤さんと戦うときには胸を借りる気持ちです。

卓球を20年やってきて、東京五輪は最高の舞台だし、あると信じている。それをテレビを通して見せることができた。五輪をやるのであれば、難しい状況、新しいルールであっても受け入れてプレーするべき。完全な形でなくても、五輪には出たいです」(石川)

5年ぶりに戻ってきた皇后杯。佳純、素晴らしい試合をありがとう!