卓球王国 2021年1月21日 発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

ジュニアは男女決勝とも同門対決。篠塚はまさかの苦杯

●ジュニア男子準決勝
鈴木颯(愛工大名電高) −5、9、13、5 岡野俊介(愛工大名電高)
濱田一輝(愛工大名電高) −11、−9、8、12、7 篠塚大登(愛工大名電高)

●ジュニア女子準決勝
大藤沙月(四天王寺高) 10、−8、3、7 菅澤柚花里(四天王寺高)
横井咲桜(四天王寺高) −9、−11、8、4、8 白山亜美(明徳義塾中・高)

ジュニア男子準決勝、松島を破って優勝に突き進んでいた篠塚がまさかの苦杯!
波乱を演出したのは、愛工大名電高の同期である濱田。以前は台から距離を取ってフォアハンドで動くプレーが多く、攻めが遅い印象があったが、台上プレーやバックハンドが確実に進歩し、うまくチャンスメイク。常に攻めの姿勢を崩さなかった濱田に対し、篠塚は3ゲーム目以降、やや受けに回った印象があった。卓越したボールセンスを誇る篠塚だが、最後の一本は自分の力でもぎ取る気迫がなければ、頂点には手が届かない。決勝は鈴木と濱田の同門対決だ。

接戦の連続を勝ち上がった濱田が、篠塚に大逆転勝利

潜在能力は文句なしの篠塚。この敗戦をバネにしてほしい

オールラウンダーの鈴木颯が、ジュニアで初の決勝進出

ジュニア女子は、大藤が左腕の菅澤との激しいラリー戦を制し、3年連続の決勝進出。決勝で対戦するのは、こちらもやはり同門である横井。白山のラリー戦での粘りを打球点の高い両ハンドで打ち切り、逆転勝ちで決勝へと勝ち上がって来た。決勝はハイレベルな戦いになりそうだ。

白山を0−2からの逆転で破った横井咲桜