卓球王国 2021年1月21日 発売 vol.286
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

ジュニア女子は大藤沙月が優勝。堂々の2連覇成る

●ジュニア女子決勝
大藤沙月(四天王寺高) 9、7、9 横井咲桜(四天王寺高)

ジュニア女子は3年連続の決勝進出となる大藤が、横井をストレートで破って2連覇達成!
横井の打球点の高い両ハンド強打、特にバックハンドは非常に威力があったが、やはりラリー戦になると攻守の厚みは大藤が一枚上。大藤は1ゲーム目、10−6から10−9まで挽回されながら、11−9で制して試合の主導権を握った。勝負をかけた横井の台上強打もクロスに跳ね返し、スコアは競りながらも要所を締めた大藤。最後は3ゲーム目、10−9のマッチポイントで、フォア前へガツンと切った大藤の巻き込みサービスを横井がレシーブミス。勝敗は決した。

より攻撃的なプレーで2連覇を達成した大藤

準々決勝・準決勝・決勝とすべて四天王寺高の同門対決となる中、「同士討ちでも向かっていく気持ちでプレーしたい」という自らの言葉を体現してみせた大藤。競った場面でも最後まで自分のプレーを貫いた。

準優勝の横井。決勝は6−10から9−10まで追い上げた1ゲーム目を取りたかった

2連覇にも笑顔は控えめの大藤。これも大物の証?