卓球王国 2022年8月22日 発売 vol.305
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

波乱! 王者・宇田幸矢がジュニア16強の鈴木に敗れる

●男子シングルス4回戦
鈴木笙(静岡学園高) −5、8、10、−10、4、−9、7 宇田幸矢(明治大)

男子シングルス4回戦でいきなりの波乱!
前回王者の宇田が、ジュニアベスト16の鈴木にゲームオールで敗れる!

巻き込みサービスと思い切りの良い攻守で宇田を破った鈴木

試合後、「チキータから攻められるのは嫌だった。サービスで相手(宇田)のチキータをうまく封じることができた」と鈴木のベンチに入った静岡学園高の寺島大祐監督。「鈴木は自分で展開を考えられる選手。あとは3球目を打たれないようにすることと、ラリーになったらフォアに離してからバックをつぶす作戦でした」(寺島監督)。

寺島監督の言葉どおり、鈴木は逆横回転の巻き込みサービスをうまく使って宇田のレシーブを揺さぶり、台からやや距離を取って宇田の強打もよくしのぐ。「初めての対戦で、ボールの質が高くてすごいと感じたけど、落ち着いて戦うことができた。サービスが効いたので、最後まで冷静にプレーできました」と試合後に語った。

最終ゲームは鈴木が序盤のリードを守り切り、11−7で勝利を決める

宇田は試合の終盤、次第にボールの威力が戻りつつあったが、最終ゲームも0−3のビハインドから2−4、5−7、6−8とリードを許す。最後は7−10での鈴木のマッチポイントで、宇田のフォア前からのチキータを鈴木がストレートにブロック。これがネットをかすめるようにして入り、宇田は返球できず。最後もバックをつぶされた宇田、持ち味である豪打を披露できないまま、わずか1試合で全日本の舞台を去った。

チキータの威力を封じられ、バックをうまく攻められた宇田

●男子シングルス4回戦・その他の試合の結果
吉村和弘(東京アート) 6、9、9、4 渡辺龍介(専修大)
丹羽孝希(スヴェンソン) 5、5、8、−9、7 皆川朝(日野自動車キングフィッシャーズ)
上田仁(岡山リベッツ) 4、−6、8、8、4 田添健汰(木下グループ)
吉田海偉(東京アート) 6、8、4、−4、5 宮本春樹(愛知工業大)
松下大星(クローバー歯科カスピッズ) −8、7、7、9、9 上村慶哉(シチズン時計)

英田理志(愛媛県競対) キケン 岡田崚(岡谷市役所
谷垣佑真(愛工大名電高) キケン 渡辺裕介(協和キリン)
定松祐輔(日鉄物流ブレイザーズ) キケン 菅沼湧輝(明治大)
田中佑汰(愛知工業大) キケン 戸上隼輔(明治大)

バック面に粘着性の裏ソフトをテストしていた丹羽。皆川を4−1で下す

関連する記事