卓球王国 2022年1月21日 発売 vol.298
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

女子5回戦、大藤・長﨑・平・横井が初ランク!

●女子シングルス5回戦
早田ひな(日本生命) 6,-5、-5、6、4、8 梅村優香(中央大)
大藤沙月(四天王寺高) -9、7、3、5、10 笹尾明日香(早稲田大)
森さくら(日本生命) 3、9、8、8 木村光歩(中国電力)
佐藤瞳(ミキハウス)  1、7、-8、-7、7、7 竹前裕美子(エクセディ)
芝田沙季(ミキハウス) -2、11、7、7、4 奥下茜里(昭和電工マテリアルズ)
長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園) 8、9、-3、8、6 加藤美優(日本ペイント)
安藤みなみ(十六銀行) 7、4、-8、6、-2、-9、5 木村香純(専修大)
伊藤美誠(スターツ) 7、7,15、3 皆川優香(大阪成蹊大)
平侑里香(サンリツ) 5、5、3、8 川本菜乃花(萩光塩学院)
平真由香(昭和電工マテリアルズ) 6、-8、9、-7、9、9 鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大)
平野美宇(日本生命) 9、5、7、7  菅澤柚花里(四天王寺高)
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 9、6、-14、7、-7、3 麻生麗名(香ヶ丘リベルテ高)
宋恵佳(中国電力) 4、5、-7、8、7  枝廣瞳(神戸松蔭女子学院大)
横井咲桜(四天王寺高) 8、4、5、5 徳永美子(十六銀行)
前田美優(日本生命) 5、4、6、8 中畑夏海(デンソー)
石川佳純(全農) 5、4、6、8 森薗美月(琉球アスティーダ)

女子シングルス5回戦(ランク決定戦)の結果は上記のとおり。大藤沙月、長﨑美柚、平真由香、横井咲桜の4人が初めてランカーの称号を手にした。

大藤は4回戦の成本戦に続き、変化の大きいサービスから躍動感あふれる両ハンド攻撃を披露。6回戦では前回女王の早田に挑戦する。全日本の一般で思うように成績が残せていなかった長﨑は、強敵・加藤を下してうれしい初ランク。6回戦の芝田戦は激しい打撃戦になるだろう。

平真由香は意外にもこれが初のランク入り

ジュニア2位の横井、出澤と徳永を連破して初ランク