卓球王国 2022年5月20日 発売 vol.302
バックナンバー 定期購読のお申し込み
全日本選手権2021

ランク入りの吉田海偉「カズやイチローみたいに頑張りたい」

昨日の男子シングルス5回戦で、昨年12月のJTTLファイナル4で1−3で敗れた定松(日鉄住金物流)を4−0で破った吉田海偉(東京アート)。

5回戦で定松を破った瞬間、人差し指を天に突き上げた

「大会2週間前に左の背中を痛めて、痛いから5日前まで練習ができなかった。最後の最後で良くなって、あとはやるしかなかった。最低の目標はランク入りでした。達成したので安心しました。
(6回戦で敗れた)丹羽はやりづらい。彼は気合が入っていて珍しく声を出していた。全日本はほかの試合とは違います。ベンチには奥さんが入っているし、違う試合です」(吉田)

「これが引退試合じゃない。悔しいけどね」と吉田は言う。
「目標は50歳までランクに入り続けること、頑張ります。サッカーのカズ、野球のイチローみたいにね。目標があったほうが楽しい」

帰り道、会場の最寄り駅である朝潮橋の改札に、家族に囲まれた吉田の姿があった。鍛えられたアスリートの体躯は、とても39歳とは思えない。愛娘の紅偉ちゃんにとっても、自慢のカッコいいパパだろう。「この年になると、トレーニングもフットワークも本当にキツい。普通はできないですよ。でも、やるしかない」。かつて取材した時の彼の言葉を思い出す。自分より若い、シェーク両ハンドの選手たちが次々に現役を引退していく中、かつて天皇杯を胸に抱いた片面のペンホルダードライブ型は、今もコートに立ち続ける。